fc2ブログ

円高にはドキッとするが・・・

さすがに急激な円高にはドキッとする。ユーロの崩れ方も無残だったが、ドルは再び下げてくるか?しかし、今のユーロは元には戻るまい。そうなるとドル危機が訪れても以前の最安値までは行かない?円とスイスフランが買われているのは分散の必要からか?米国の景気に影がちらついてきたが、どう考えても米国債に資金集中させるのは危険に思える。ここから動くマネーは膨大でもあり、次の移動先が大きなポイントとなる。しかし、こんなものを受けられる受け皿はない。袋小路にはまり込んでしまった。
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック一覧

コメント一覧

#14586 1%を切る住宅ローンは異常 としか思えない
こんにちわ。
本日の朝日新聞によると、新規住宅ローンの9割が変動のようです。
給与振込みなどをしている人の場合は、優遇金利が適用され、1%を割っている。
保証料、事務経費も考えるとどう考えても、赤字となってしまう。

つまりは、将来は金利高と銀行は思っている反面、消費者の殆どは「デフレ、低金利」が普通と思っている。

すぐにどうということはないと思いますtが、この反動は大きくなると思わざるを得ません。
金利が上がると、返済されてない元本部分の利息が膨れます。たいていは元利均等払いだから、下手をすると
支払いの殆どが利息になり、元本が全然減らないことだってありえます。

自分の場合、公庫の高金利年4%を変えずに放置していますが、意識が多くの方とはずれてしまっている。
当然、インフレヘッジなどが酒の場の話題になることもありません。
株をする人でも、テスラは勿論、バリックなど話題になることありません。
ゴールドとはオリンピックのことか、豊田商事のようなうさんくさい話に収斂されてしまう。

圧倒的に少数ですから、予測が当った場合は、総取りに近くなるはずです。
外れた場合でも、そう大損はない。

と、思いつつ10年近く経ってしまいました。
が、生涯二度とこういう経済変動の節目に立ち会うこともないものと思っております。
#14587 同感
>生涯二度とこういう経済変動の節目に立ち会うこともないものと思っております。

同感です。これを喜んで楽しんで、泳ぐことです。悲観する必要なない。
金利の上げ下げという現象ではなく。金の高騰は現在の経済と其の背後にあるいろいろな仕組みをかえる。マタ変えざるを得ない。
 つまり舞台が変わるが、歴史はそれを戦争という形でしめしたが、それは昔のことだろう。
では現代は?それは外部へ戦争へと進む前に、内部崩壊をする。
 それはシステム的におきると見ているが、いまだ其の姿をつかみきれない。
それがわかると、泳ぐことができる。
#14588
ゴジラさん、こんばんわ。
自分の場合、銀購入してるというと変人扱いされました。
#14589
大河の一適さん、kenjiさん、kawaさん、こんばんは。

大河の一適さん、住宅ローンがそんなに安くなっているとは・・・。これ嵌って後々苦しむ人出てくるんでしょうね。一般の人たちと我々の意識には相当な隔たりがある。

kenjiさん、正直、ユーロまでがこんな状態になるとは思っていなかったこともあり、次の仕組みはまさに世界的規模になってしまう。さて・・・。

kawaさん、それが普通です。
#14591
ゴジラさん、こんばんわ。
普通って、どういうのが普通なんでしょうか?
国債とか貯金するのが普通で、金銀買うのが異常という意味で解釈したんで
良いのでしょうか?
#14592 悪魔になる覚悟
ゴジラ様

普通の人から見れば金や銀を買うのは変人扱いでしょうけど、我々少数派からみれば金、銀の現物を買うのはリスクヘッジであり、資産保全なんでしょう。

米国債、日本の国債を沢山買っている銀行は轟沈、頼れるのは己の才覚のみという時代になると思います。公務員の給料も実質紙切れになるので実物資産で買収できるでしょう。どんなに悪いことしても地獄の沙汰も金次第でしょう。紙切れのお金で儲けた金持ち達が地獄の底に落ちるんですよ。乱世の時代になるなら心を悪魔に売り渡してでも生き抜くという覚悟がいりそうです。
#14594
kawaさん、Steinさん、こんばんは。

kawaさん、そういう理解で結構です。

Steinさん、生き残っても人から憎悪を持たれるのは問題ありますが、先行きがよろしくなさそうなのは事実です。
#14595
ねこです、こんばんは。
メキシコ湾の原油事故凄いことになっているようでね。なんで日本で報道しないのだろうか。
どんどん広がっているのに。食料の備蓄、水の備蓄したほうがいいかも。銀の購入は考えたのですが、
T金属に問い合わせたところ30キロ単位でしかお売りできませんと言われて諦めました。
上の方Stein さん、神様にしかられるようなことは慎みましょう。
今年の後半、食料が沸騰するかも。
#14596
ねこ★様 

I金属ならグラム単位で買えます。
#14597 バブルのはずがない
大河さんの仰る通りですね。
過去10数年、日本の財政赤字(対GDP比)は急カーブで増え続けているのに、何故だか長期金利は
上がらない、それどころか下がっている・・・普通ならあり得ない話です。原因はそのほとんどを所有して
いる金融機関・機関投資家の横並び意識なのでしょうけど、住宅ローンの例をみてもほとんどの日本人
がこの異常事態を「当たり前のもの」と考えているが故に、逆にそれが原因となって、どこかのタイミング
で長期金利が上がり始めたらその動きはかなり大きなものにならざるを得ないはずです。たぶん
現時点では多くの人が「あり得ない!」と思うくらいすごく(笑)。
但し、この十数年の日本の例をみれば分かるように、国債の力、(特に先進国)国家の信用力というのは
絶大なものがありますから、そうそう簡単には国債市場は大崩れはしないでしょう。日本や世界中の中銀
が現在のような金融政策を続けるかぎり、いつかは崩落するはずですが、相場はタイミングですからね。
下手にショートすると痛い目に合う可能性も大です(笑)。

ゴールドも1000ドルとか1200ドルを超えてくると、巷からは「バブルなんじゃないの?」という意見も
出てきますが、私が思うに「断じて」バブルではないです。少なくとも今の状態は。20年前の日本の
バブル崩壊以降、この「バブル」という言葉が安易に使われ過ぎているような気がします。
すごく分かり易い話をすると、1920年代の米国のバブルでは靴磨きの少年までが株の話をしていた、
80年代後半の日本のそれでは主婦が井戸端会議でNTT株の話をしていた・・などという象徴的な事例
がありました。それに較べて今のゴールドはどうでしょう?先ずだいたいにおいて時価総額ベースでの
比較で、いくらETFの残高が大きくなったとはいえ、ゴールドの市場は債券や株のそれに較べれば正に
「雀の涙」です。このゴジラさんのブログに入り浸っていると(笑)世の中の皆がゴールドに興味を持って
いるかのような錯覚を覚えてしまうかもしれませんが、安心して下さい、それは正に「錯覚」に
過ぎません(笑)。だって、リアルな人間関係で、例えばあなたの会社同僚や主婦の方なら井戸端仲間、
自営業の方なら地元の商工会議所仲間で、あなた以外にゴールドなどの貴金属現物や金鉱株などを
保有している人が何人いますか?人間関係が例えば100人あったとして、下手をすればそんなのあなた
一人なのではないでしょうか(笑)?もしいたとして、恐らくそれはあなたが勧誘したからでしょ(笑)?
ここら辺の数字には勿論個人差は出ますが、あなたの知り合いなどの中で実際にホールドしている
人は恐らく微々たる数だと思います。こんな「状態」がバブルである訳がないです。リアルの人間関係の
中ではゴールドの話などしても誰にも相手にもらえず、ゴジラさんのこのブログで溜飲を下げる他は
ない(私を含めた)皆さんの様子を見れば、それだけでも明白なことです(笑)。

ということで、結論。勿論相場ですから、毎日上がることはないですし、短期的に上がり過ぎれば調整の
下げも大なり小なりあります。しかし、長期スパンで考えて今のゴールド市場はバブルではあり得ないし、
まだほど遠い状態です。バブルかどうか判断する大雑把な方法として、大型書店の投資コーナーに
おける書籍占有率があります。例えば中国株。01年くらいから増え始めて、この前のバブル頂点の07年
あたりには結構な数の中国株本が書棚に並んでました。ゴールドも関連本がせめてこれと並ぶくらいに
ならないとバブルとは言えないでしょうね(笑)。
#14598
ゴジラさん、アブさんこんばんわ。
なるほど、ゴールドはまだまだバブルではないというのはわかりますが、
物凄く近い期間に急騰すると思います。先日のゴジラさんの『ゴールドはバブルには程遠い』の
グラフからもわかると思います。凄い社会になるんでしょうね・・・。
しかし、ドイツ強いな。アルゼンチン相手に4点か・・・。
#14599
ねこ★さん、Steinさん、abramovichさん、kawaさん、おはようございます。

ねこ★さん、Steinさん、シルバーって30キロ単位だったの?あっ、細かいとこもあるのね。

abramovichさん、まったくその通りで私の周りにも皆無で一人ブラックロック・ゴールドファンドを買った人がいるぐらいです。聞いても実際に行動する人はさらに少なくなる。

kawaさん、私はブラジルとアルゼンチンの決勝を想定していたので衝撃です。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する