FC2ブログ

ドルの価値はどこまで下がるのか?



ニクソン・ショック以降のドルの価値下落は決定的だが、いったいどこまで下がるのか?ゴールドは1トロイオンス35ドルから現在の1100ドル前後へと30倍になった。原油も似たようなものだが、このグラフの数値はむしろ甘いと言える。この間、所得は30倍にはなってないから、その分は搾取されているとも言える。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#13309 ゴジラ先生、毎日ご苦労様です。
ゴジラ先生、ご無沙汰しています(^^)。

現在の先進国通貨などの為替変動相場の建前は、本来、貿易による需要と供給のバランスを保つ為の制度なのでしょうね(^^)。

なるほど、著しい通貨下落を起こした国々は、輸出競争力の向上から一応に立ち直っていますから、一度失敗してもやり直しがきく中々良い制度なのかも・・(^^)?。

現在世界経済の焦点は、その変動相場の基軸通貨の国から発信された信用不安・・更に基軸通貨自体の行方が危ういと騒がれ、・・その信用不安のジレンマから脱出する糸口として模索されているのが、皮肉な事に経済大国としては初の、政府が値決めする為替相場制を今だ維持している中国(人民元)が背負っている状況。

今後どちらの制度がこれからの世界を先導するのかわかりませんが、ドルと人民元の動向は大きなポイントになるのでしょう。

人民元が変動相場制に移行するのは時期が早いと唱える人がわりと多いみたいですが、言い方を変えれば今のところ「人民元は売りから入る事が出来ない銘柄」なので、ほぼ平均して買いが集まる空売り禁止銘柄なんて感じなのですかね?・・普通に考えて過度にお金が集中してそうです・・(--;)。

中国が市場拡大を続ければ続けるほど人民元は流通しなければならない訳ですから、インフレも起きず天井知らずで上昇する訳は無く、変動相場に移行する前に、物価や通貨上昇率に対する経済成長率が大幅に鈍化する様なネガティブな要因が出て来た場合、自由な市場価格で取引されていない分反動は大きいのでしょう(--;)?。(よく知りませんが・・)

まあそう言ったインフレ抑制の観点からも、人民元もドルやその他通貨の歴史を踏襲して行き、いずれは変動相場制を取り入れざる得ないのか・・?。

もし人民元が変動相場制を取り入れる前に成長サイクルが崩れた場合、その時にドルは下に行くのか上に行くのか・・(--;)?。まず後者だと思いますが、その事態がソフトに進むと金は再び下げか・・。

今は、米欧日と中国人民元に対して切り上げ圧力をかけ、最終的には変動相場制の席につかせる事が狙いなのか何だかわかりませんが、もしそうなっても中国は長期的にはまだ成長する国でしょうから、その時ドルは更に薄められ、結局は金に対してもドル減価が顕著になるのは必然なのかもしれない。・・そして、なんとか基軸通貨を保ちつつ米国の借金は知らず内に棒引きされていきます(--;)。(ウマイ政策)

中国も自国の成長を確信し、基軸通貨の一端をも狙うつもりならば、人民元の経済圏を近隣諸国から更に中東まで拡げつつ、最低原油決済迄・・ある時意表をついて変動相場制のテーブルについた方が良いのかも・・(^^)?。(それでもドルは下落・・)

そんなこんなでどこが出口でも、まだまだドルは減価していくのかもしれないと言う、なんの根拠も無いお話でした(^^)。

では。。
#13310
管理人様、いつもお世話になっております。
僕はドルに関して言えば、ドル・スイスフランで1.7レベルはあるのではないかと思われるのですが、如何せん肝心な時期と軌道とシナリオが分からない。 無いですかねぇ。 そんな一大スペクタクルな事態って。(笑)
#13312
ヒロさん

 どこいってたんですか、本当に久しぶりですね。

ゴジラさん

 いっそドルが100円に一時的になってくれると面白いんですがね。
#13314
ヒロ社長さん、牛さん、禅師さん、こんばんは。

ヒロ社長さん、久しぶりですね。私はヘンな事を考えています。逆に変動相場制から固定相場制に戻るんじゃないかって思ってます。変動相場制は覇権国家にとってメリットの大きいシステムです。しかし、多極化していくとなると維持が難しくなる。これまでの清算もままならない今途方にくれているのでしょう。こうしている間にもドルの減価は進む。

牛さん、スイスフランが最後に残るんですかね?全滅の可能性はあるかな?

禅師さん、円はこのまま民主党政権下だと崩れる危険はあると思いますが、そんなレベルじゃないかも?

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する