fc2ブログ

中国株式市場、高いGDP成長率に大きく下落

香港株式市場では、ハンセン指数が下落、5週間ぶりの大幅安となった。中国は景気過熱を抑えるために利上げを実施するとの観測が浮上した。

中国国家統計局が19日発表した同国の第1四半期(1-3月)の国内総生産(GDP)成長率は前年同期比11.1%と、予想を上回った。これを受けて、利上げ観測が強まった。

大和証券投資信託委託(香港)で9億5000万ドル相当の運用に携わるジョン・コー氏は、投資家らの間で力強いGDPが追加利上げにつながると懸念されていると述べ、「最大の懸念材料は、政府が景気を沈静化するためにどのような方法をとるかで、それは誰にもわからない」と語った。

中国株式市場では、CSI300指数が7週間ぶりの大幅安となった。この日の取引終了後に発表される中国の1-3月期(第1四半期)の国内総生産(GDP)統計で、GDPは予想以上に強く、利上げにつながるのではないかとの懸念が広がった。

ICBCクレディ・スイス・アセット・マネジメントで11億ドル相当の資産運用に携わるチャン・リン氏(北京在勤)は「市場は、GDPなどの経済指標が予想を上回り、当局に利上げを促すのではないかと懸念している」と指摘。「相場が大きく上昇してきたことから、それが絶好の売り口実となっている」と説明した。

*確かに高すぎるGDPであるが、それは分かっていたことだとも言える。これが理由でさらに下げていくとは思えないのだが。
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック一覧

コメント一覧

#773
確かに高すぎるGDPであるが、それは分かっていたことだとも言える。これが理由でさらに下げていくとは思えないのだが。

>わたしもそう願います。
10%の調整は覚悟!?
#775 HSCEI雑感
何となく、HSCEIのチャートを見てて思うこと以下。

*週足みてると、1月頭の10800→3/5の8500を経て、現在Wトップの右側形成中なのかな~、と思える。もしこの仮定が正しければ(あくまで正しければね)、とりあえず前回安値の8500を試しに行く局面があるのでは?

*過去5年くらいのチャート見てると、(03年一年で1700から5300)→(04年頭から05年10月まで調整、細かく言うと04年頭5300から3月まで小動きで4・5月で3500まで急落、その後戻して後は4500-5200くらいのダラダラ)→(2005年11月から2006年末まで次の上昇相場、4600から10800まで)、という感じ。

07年の相場は04年型っぽいような気がします。となると、やはり5月で底値をつけにくる展開か?まあ考えてみれば4月5月で大きく調整するってのがHSCEIの季節要因みたいなもんですしね。ただ別にこれが最悪のシナリオとは思ってません(笑)。米国市場がある程度崩れればもっと悪いのも想定可能です。
#777 今日は下げなかったが・・・
チェ女官長 ♂さん、アブラモーヴィッチさん、こんばんは。

今日は下げませんでしたが、今後も危なっかしい日は起こるでしょう。A株やNYダウが大きく崩れなければ大丈夫だと見ています。ただし、不安定ですが。H株が単独で崩れる可能性は低いと見てます。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する