fc2ブログ

週末下げパターン・・・



まるで先週末を見ているようだ。このパターンが常態化しても困るんだが、消費者信頼感指数がかなり良かったためまたまた利上げ観測が出てきた。そのためドル高のあおりを受けて再びゴールドは下落。こういった状況を織り込みながら値固めをして再度上昇へと向かっていくのだが、なんとなくインチキ臭いのが辛いところだな。しかし、米国債の入札前後にゴールドが下げるというのは定番になりつつあるようだ。また、週末に仕掛けてくる作戦はもう少し続くのか?
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック一覧

コメント一覧

#11984 相場の操作
金が下げてますね。なんとなく不安になりますが、そういう時には↓これも良いじゃないでしょうか

セントルイス連銀のマネタリーベース

http://research.stlouisfed.org/fred2/series/BASE

また去年の12月くらいの当サイトにも出てきた「800ドルの攻防」とか比べれば攻防ラインは随分と上がっていると改めて認識できます。

但し、今回の調整、押しはかなり深く長くなる可能性も想定しておくことも必要かと。

米ドルvs金価格等の操作という点でも、例ですが・・

①IMFの金売却やCOMEXの空売り⇒あまり有効ではなくなりつつある。

②粉飾指標⇒まだ半分は有効

③出口戦略(金利)情報、BISの自己資本規制、国債等の格付け操作で他通貨を潰し、ドルに資金を還流させる⇒まだ有効

 例えば、新興国、日本やヨーロッパの通貨を悪材料で売り崩す

※ジム・ロジャースはドルを買っているそうだし、新興国からいったん引き上げている投資家もいるらしい。

彼らは相場を上げたり下げたりまだまだボラ稼ぎするのではないでしょうか。戦線は後退しているものの、敵がもう武器がない、打つ手がなくなったと断言するのは早いような気もします。

その点で中国人は粘り強い。リオティントの件でも感じましたが、けっして焦らないしあきらめず・・違った意味で難敵と感じます。
#11988
Englishrosesのファンさん、こんばんは。

ドルってのは粘り越しが強いと言うか跳ね返る力は相当に強い。マネタリーベースが増えているってことはそれだけ彼らの弾薬があると言う事ですから動かせるマネーが増えていることになります。だから操作がしやすくなっているとも言える。難しいね。
#11989
こんにちは
すばらしいブログですね。ところで金の地金が国で管理される場合先物にも影響があるとあるブログにありましたが金価格は日本ではさがるのでしょうか
#11990
tamaさん、こんばんは。

米国の場合は影響があります。日本の金価格は円の影響もありますから複雑です。
#11997 指標怪善
ゴジラ様 皆様こんばんは

ミシガン大学消費者信頼感指数が先月67.4(確報値)→今月73.4(速報値)と大幅改善ですね???。
速報値は300人(確報値は500人)を対象に調査を行なっているらしいですが、いったいどんな人々が調査の対象になっているのか知りたいものです。先週の雇用統計の改善もおかしいですが、当面インチキ指標に振り回されそうです。ところでアメリカ在住日本人(カリフォルニア州)の方のブログに、現在の米国失業者に関して分かりやすい動画が紹介されていました。

http://ryuzaburo.seesaa.net/article/135000701.html#more
#12000
ちょっと通りすがりさん、こんばんは。

なるほど、実態を反映していないということですね。来年あたりは危険な状態になっているかもしれませんね。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する