fc2ブログ

ユーロの下落が小さいのは・・・

先ほどのチャートを見ていて思ったんだが、主要国の中央銀行の中でECBだけはゴールドを毎月少しずつだが売却してきている。もしそれがなかったらユーロに対しての金価格はもっと上昇していたのだろうな。裏返すとそうしなかったら米ドルよりも壊れていたのか?まっこと金価格というのは通貨の通信簿になっているのがよく分かる。それだけに金価格は米ドルにとっての生命線である。間違っても急騰させてはならないのだ。しかし、その神通力もここに来て切れ始めているのが見て取れる。たまにこうやって眺めて見ると面白い発見がある。
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック一覧

コメント一覧

#11177
Stein さんへ
中東戦争起きないんじゃないのかなと思うのですが。
1つめの理由はオバマ米大統領がノーペル賞を受賞されたということ。
2つめの理由はどの国も経済的に苦しいので戦争するような状況ではない。

それよりはインフルエンザで全て流通がストップするほうが確率としては高いと思うのですが。
どうでしょうか。
#11179 ワクチンは危ない。
接種するしないは自由だが、一度これを読んでからしては如何?

http://satehate.exblog.jp/12566591/
#11180 日銀とは何か?
玉蔵さんのブログで澄田ライ四郎なる人物を知りました。満州国の軍司令をしていたのに終戦後も部下には残留して従軍する命令を発してながら自分は帰国しました。東京裁判でも無罪放免です。(山本五十六のような人物?)
その息子が澄田智(元日銀総裁)です。彼はバブル崩壊の犯人としています。
FRB云々も良いが日銀もなくすべきではないでしょうか?日銀券は廃止して政府発行券に切り替える議論が出て来れば日本も希望が持てるかも知れない。

(以下引用)
さて、奴らは言います。
「我に通貨発行権を与えよ。そうすれば誰が法律を作ろうが関係ない」

日銀が奴らの出先機関だと書いたら反論がありますた。
日本銀行の株の55%は財務省が保有しているから日銀は日本政府の持ち物であって、奴らの手先とは言えないでしょうというご指摘ですた。
確かにまぁ法律上の話はそういう話になります。
しかし、いろいろと歴史を見れば、そんなものは単なるカモフラージュの理屈付けなのが分かると言うものです。

その昔、日本は国民総ででバブルに踊った時代がありますたね。
バブルを起こして潰す。奴らの詐欺手口の最たるものですた。
バブルがはじけて今では失われた10年と言われていますが、今だに日本経済はその後遺症を引きずっています。自殺者はバブル崩壊から毎年3万人。今だにその数は変わっていません。

その手口を見れば分かるのですがいつもワンパターンです。
最初は甘い話でカモを釣る。こうやれば儲かりますよ。おいしい話でカモを誘います。
そしてころ合いを見計らって真っ逆さまに突き落とす。詐欺師の典型的なパターンです。

最初に奴らはバカスカ札束を刷って、バブルを引き起こす。銀行は貸して貸して貸しまくる。株に投資すれば儲かるよ。土地を買えば儲かるよ。そしてカモが罠にかかったころ合いで急に蛇口を閉める。貸し渋りをやるわけです。
これをやられたら投資家はいきなり資金難に陥ります。そして、資金難に陥ったカモ達から担保として株、土地、あらゆる資産を奪い取るのです。昔からやっていることは同じです。
いい加減気付いたらどうかと思うのですが、今だに引っ掛かっている人がいます。

その当時の日銀総裁であった澄田智(すみださとし)と言う方をご存じでしょうか。日銀退官後は日本ユニセフ協会の会長などをやっていた方です。

澄田さんがバブル潰しの張本人と言われています。
プラザ合意以降、5%だった金利を2.5%に下げ、銀行は貸して貸して貸しまくった。その当時は、黙ってても銀行が頭を下げて貸しに来たという話は誰でも覚えているはずです。そういうジャブジャブ溢れた資金が株や不動産に流れ込んだ。借金しても金利は安いし土地や株を買えば値上がりするしで猛烈なバブルが起きたのですた。

そしてバブルが膨らみきったころ合いを図って、澄田さんはいきなり公定歩合を8%、長期金利は 10%まで引き揚げた。蛇口を閉めたのですた。借金すると金利が高い。値下がりリスクのある株や不動産よりも安全な銀行預金の方が良いということで投資家は一斉に株と不動産から資金を引き上げた。土地や株は一気に値下がり=バブル崩壊と言われています。

バカスカ金を貸し出して狂乱状態を作ってからブルを破裂させる。
その後には膨大な焼け野原、不良債権の山だけが残る。
それを二束三文で奴らが買い叩く。
昔からの手口。ばればれの三文シナリオだったのですた。

さて、それにしても、そのバブル潰しの張本人澄田さんはどのような経歴の持ち主だったのでしょうか。
澄田さんと言えばフランスに留学した留学組で、その後ベルギー大使館、フランス大使館の一等書記官からキャリアをスタートしたエリート官僚ですた。
そしてその後は、順調に大蔵省で出世して日銀総裁になっています。
澄田さんとフランス財界のつながりはお父様の代から囁かれていますた。

澄田さんのお父さんは何をやっていた人でしょうか。

澄田ライ四郎という方です。

第二次世界大戦中、満州の軍司令官ですた。
実はお父さん、ライ四郎さんの代から澄田さんはフランスとべったりな関係ですた。ライ四郎さんも元はフランス陸軍大学で学びんだフランス駐在武官だったのですた。その後、日本陸軍で出世して満州での軍司令官になったのですた。

『蟻の兵隊』という映画をご存じでしょうか。
http://www.arinoheitai.com/index.html
この映画は、満州で戦っていた大勢の日本兵が置き去りにされた悲劇を描いたものですた。日本兵を大勢、満州に置き去りにして一人ライ四郎は日本に逃げ帰った。残された日本兵の多くが死んだ。北斗の拳のケンシロウさんも真っ青の大量虐殺拳の使い手、それがライ四郎さんですた。

実はライ四郎さんは、戦争前からすでにフランスロス茶イルドキチガイ男爵さんの手下だったのですた。戦後は戦争犯罪人として裁かれると思いきやGHQは無罪放免。
満州の軍司令だった人間です。普通は絞首刑でしょう。

誰でも知っていることですが、日本はその当時、中国で麻薬を売っていますた。
その麻薬、アヘンの生産地は東南アジア地方のフランス領の国ベトナム、ラオス、カンボジア。
もちろんフランス領ですた。

フランス領、東南アジアでアヘンを栽培し、中国で売っていた。
麻薬の生産、管理していたのはフランスの軍産企業ドレフェ須、今は穀物商社としての方が有名でしょうか。ADM(アーチャド駄ニエルミッドランド)=ドレフェ須です。
もちろんカーギルとならぶロス茶イルドキチガイ男爵の巨大穀物商社です。
ドレフェ須から仕入れて、中国で売りさばく。
その利益たるや膨大なものですた。

何度も書いているのですが、戦争というのは兵器産業と、麻薬産業のヤラセ金儲け祭りです。
澄田ライ四郎は、ロス茶イルドキチガイ男爵の手下。
ドレフェ須社の社員。
日本兵なんて置き去りにしようがなんだろうが、会社に忠誠を誓っていたのですから、そんなものは関係なかったのですた。

そして、ライ四郎さんの息子も立派にロス茶イルドさんの命令を実行しバブルを弾けさせた。
焼け野原に残された大量の日本人は死んでいった。ロス茶イルドキチガイ男爵の忠実な部下なのだから、日本人が凍死家になって死んでいこうがなんだろうが関係ないのですた。
満州に日本兵を置き去りにして大量に凍死させたお父上と奇しくもやっていることは同じだったのですた。

息子の澄田智さんは、日銀総裁を辞めた後、ロス茶イルドフランスの旗艦、投資銀行ラザール・不レールに最高顧問として天下りしています。
ちっとはカモフラージュでもして隠せと思うのですが、親子二代に渡って奴らの充実な部下だったという、そのまんまの経歴の持ち主ですた。

誰でも調べれば分かることです。
この地球は、キチガイが支配している。
法律などあってないようなものなのです。
法律など誰が作ろうが関係ない。

まぁ、まぁワタスのようなふんどし姿のキチガイが言っていることです。
こんな話を聞いても半信半疑なことでしょう。
皆様どうぞご自分でお調べになって下さい。

本当にありがとうございますた。
↓ブログランキングに参加しています。応援して下さる方はクリックよろしくお願いします。

http://goldentamatama.blog84.fc2.com/blog-entry-457.html#comment
#11181 ジムシンクレア
ジム・シンクレアですが、初めて自分のGの予想1650は間違っていたとコメント。いわく「低すぎ」。
本日の彼のサイトでは、「Gold will go to $1224, $1650 and then on to Alf’s numbers in Armstrong’s timeline」とのご宣託。Alfの数値とはエリオット5波で「2000→6000」または「2500→10000」、Armstrong’s timelineは2011年です。最終場面では、Gは一日に百ドルあがることも予想しています。5波の起点が2000ドルなのか、2500なのか。最終は6000なのか10000なのか。今後は、神のみぞ知るでしょうが、いずれにしても景気のよい話で。
#11182
ねこ★さん、takkunさん、mingonさん、おはようございます。

ねこ★さん、確率的にはそんな感じにはなってます。

takkunさん、ワクチンは海外に関してアジュバントはごく一般的なものです。このニュースの精度がどの程度のものか判断が出来ない以上なんとも言えません。私も日銀は百害あって一利なしと思っています。形を変えられるのなら変えて欲しいと思っています。

mingonさん、景気の良い話ありがとうございます。ピークに関しては未知数、2000ドル以上は普通に行くと思いますが、そこから先はほとんど実感が無いですね。
#11183 それでも起きると思う
ねこ★様 ゴジラ様 おはようございます。

それでも起きる可能性はあると考えています。理由は一つ。イランが核兵器を持ったらイスラエルの存在自体が危ぶまれるからです。今はアメリカがイスラエルを辛うじて抑えているに過ぎないと見ています。

イスラエルは核兵器を持っているでしょう、しかしイランが核兵器を持つ事をイスラエルが我慢できるかどうかは別問題だと思うんですよね。
#11184 欧州
ゴジラ様 皆様こんにちは

金の暴騰をなんとか阻止しようと皆必至の様ですね。欧州もやはり崖っぷちにたたされているのでしょうか。英国デイリーテレグラフ紙ではドイツの5賢人が来年の欧州危機を語っています。

http://www.telegraph.co.uk/finance/financetopics/financialcrisis/6339144/German-Wise-Men-fear-credit-crunch-in-2010.html

トリシェECB総裁も最近
「ユーロは世界の準備通貨として作られたのではない。ユーロの世界的な利用を促進する計画もない。」
「米国が強いドルを支援することは極めて重要である。ECBは為替相場の変動を注意深く監視する。」
などの発言が多くなってきました。
ユーロ高ドル安が暴走して、金暴騰に拍車をかけない様にしているんですかね。ユーロ/ドルは1.5000ドルにノックアウトオプションがあり、防戦ドル買いラインになっています。
ところで英国はどうなっているんですかね?防衛産業(BAE)、化学産業(ICI)、製薬産業(Glaxo)などが強いといわれていますが、主体は金融サービスなので既に大破炎上沈没のはず。北海油田があるのでしぶといのか?
#11185
Steinさん、ちょっと通りすがりさん、こんにちは。

Steinさん、今後のテーマの1つですが、意見は割れるでしょう。

ちょっと通りすがりさん、ECBは想像以上に金価格に敏感だと思います。ドルはいよいよ危なくなっているのかもしれない。英国は米国以上に厳しいと思います。そのわりにまだ生きています。
#11186 中東情勢
ゴジラ様 Stein様 ねこ★様 皆様こんにちは

中東情勢に詳しい方のブログをみるとまだまだ最悪の事態は
想定しておいたほうが良いのかもしれません。

http://www.tkfd.or.jp/blog/sasaki/2009/10/no_679.html

http://www.tkfd.or.jp/blog/sasaki/2009/10/no_674.html
#11187
ちょっと通りすがりさん、こんにちは。

ややこしい関係ですね。緊張状態が続いているのはよく分かりました。一応お気に入りに入れておきます。
#11188 とおりすがりさんへ
北海油田は、既に生産が下り坂ですよ
#11190 原油産出量
ゴジラ様 禅師様 皆様こんばんは

各国の原油産出量のデータを見ると英国は年々減少してるし2008年度でシェア1.8%で少ないですね。
やはり沈没ですか。

http://www.bp.com/liveassets/bp_internet/globalbp/globalbp_uk_english/reports_and_publications/statistical_energy_review_2008/STAGING/local_assets/2009_downloads/oil_table_of_world_oil_production_barrels_2009.pdf
#11192
禅師さん、ちょっと通りすがりさん、こんばんは。

ここのメンバーは対応が早いからほんと凄いね。英国にとっての切り札とはなんなんだろうか?

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する