fc2ブログ

NYダウは持ち直すのか?

■金融データ 4/3(火曜日)

【為替】(東京時間からNY時間終了までのレンジ)
ドル/円  ユーロ/ドル  ユーロ/円
始値 117.85    1.3366    157.51
高値 118.99    1.3382    158.85
安値 117.73    1.3321    157.36
終値 118.96    1.3331    158.56

【NY株式・債券】
NY株式3日(NY時間16:24)
ダウ平均   12510.30(+128.00 +1.03%)
S&P500    1437.77(+13.22 +0.93%)
ナスダック   2450.33(+28.07 +1.16%)
CME日経平均先物 17455(大証終比:+185 +1.07%)

米国債利回り(NY時間17:00)
2年債   4.616(+0.033)
10年債  4.664(+0.024)
30年債  4.848(+0.012)

【商品】
NY原油先物5月限(WTI)(終値)
1バレル=64.64(-1.30 -1.97%)
NY金先物6月限(COMEX)
1オンス=669.70(-1.80 -0.26%)

【経済指標結果】
*米中古住宅販売留保件数(2月)23:00
結果  0.7%
予想 -0.5% 前回 -4.2%(-4.1%から修正) (前月比)

*イランでの英兵問題が外交的手段で解決するのではとの期待から、原油が大幅に下落、利益確定売りが強まった。そのため株式市場は好感し、NYダウは上昇した。また発表となった中古住宅販売留保件数は+0.7%と予想に反しプラスであった。しかし予想は上回ったものの、わずかな伸びに留まり、前年比では-8.5%となっている。まだ不安は拭えない。為替の動きは大きかった。円キャリートレード復活を思わせるような動きである。節目の120円まで進むとなるとこの流れは株高一直線か?そんなに甘いものではないと思うが、そんな予感をさせる。
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する