ドルの切り下げはあるか?

カリフォルニア州破綻騒動はどういう結末を迎えるのだろうか?当面は危機を回避しても当分危険はついて回る。また、危機的なのはカリフォルニア州だけではない。その後ろにも数十州控えているとなると救済どころではない。すでに政府の資金は枯渇しており米国債の大乱発に力を入れている。ここまでは順調に入札をこなしているが来週も大きな入札が控える。こいつは常識的に考えても無理がある。どこかで負債の圧縮をするはずである。私はドルの切り下げによる負債圧縮を行う時が近づいていると予想する。これですべての州の負債を圧縮して救済することが出来る。中国に対して各国との通貨スワップ取引や金備蓄増加に対してなんの文句を言わなかった米国の戦略があらわになる時が近づいているのかもしれない。今、米国債を購入するのは愚か者のやる事だ。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#10005 戦艦が轟沈する時
ゴジラ様

ドルの切り下げがあるとすれば資金の逃避先は円か?それとも金や原油などのコモディティーになるか?円といっても膨大な米国債を持っている日本の通貨ですからリスクが高いですからやはり金や原油などのコモディティーに流れる可能性が高いと個人的には考えています。現にコモディティーは堅調ですからね。

米国債の30年の長期金利がどの程度上がるか注目ですね。長期金利が暴騰するような状況であれば総攻撃ですね。敵戦艦の舷側に魚雷を打ち込んでやりましょう。傾斜復旧する暇も与えないほどの猛烈な魚雷攻撃で敵戦艦轟沈!

これでイランで有事が起これば米ドルは大打撃ですよ。それを防ぐためにイスラエルを押さえているんでしょうが、いつまで抑えられるか?イスラエルがイラン攻撃したら全力で突撃して敵艦隊を次々に撃沈していきましょう!
#10006 したくはないでしょうが・・・
Steinさん、こんばんは。

米国は不本意ながらドル切り下げをせざるを得なくなるという予想です。中国の動きが最も参考になるものだと思います。
#10008
カリフォルニアの破綻はなんとかまぬがれそうだとニュースでしていましたよ
#10009 となると
ゴジラ様

ドルの切り下げがあるということは金や原油などの商品相場が暴騰と言う可能性があるのでしょうか?

あるいは戦争か?
#10010 来週はどこが購入?
ゴジラ様 皆様こんばんは

これだけ乱発されている米国債が本当に公表されている様に無難に入札されているんですかね???
日本はノルマを与えられて買わされているのでしょうが、中国が公表されている額をいまだに購入してるとははなはだ疑わしく思ってしまいます。表向きは購入しているということになっていますが実際は米との密約でお互いに芝居をしているのかもしれません。
また、米国債の引き受け業務にてニューヨーク連銀と直接取引するプライマリーディーラー(政府証券公認ディーラー)となる金融機関が増えている様ですが、裏を返せば売りさばきに躍起になっている様な気がします。
来週27~28日にワシントンで「米中戦略経済対話」が開催されますが、どんな話し合いがされることやら・・・。いずれにしても日本は蚊帳の外なんですかね。

#10011 どういうからくりなんですかね
まえださん、Steinさん、ちょっと通りすがりさん、こんばんは。

まえださん、一時的に回避できても抜本的な回避ではありません。

Steinさん、どこまで我慢するのか分かりませんけど、実施されれば商品は連動すると思います。

ちょっと通りすがりさん、身内の中で切り盛りしていると思います。ドルはいくらでも刷れますからね。どこまで通用するのかということでしょう。
#10198 在アメリカ銀行
中国 日本の米国債購入は極端にふやせない。

FRBの直買いも多すぎるとやばい。



FRBの株主の銀行群やその他大手銀行に
最短1週間でFRBが引き受ける約束で
買ってもらう。
迂回購入がお盛んなようで^^;
#10203 デキレースではあるが・・・
freeeneさん、こんばんは。

状況は複雑かつ厳しいと思います。普通に考えればもたない。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する