FC2ブログ

高飛車過ぎる中国の怪

中国共産党・中央政策研究室経済局の李連仲局長はドル相場の下落が見込まれるため、中国は金の購入を増やすべきとの考えを示している。また、中国が保有する1兆9500億ドル規模の外貨準備をエネルギーおよび天然資源の購入拡大に充てるべきとの考えを表明。いかにもあからさまにドル批判を行っているが、今年に入ってからの中国はやっぱりおかしい。なぜここまで強気なのか?なんらかの後ろ盾があるのか?そろそろ理由が見えてきても良さそうなものなんだが、この物語はなかなか先が見えてこないのが難点である。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#9391 ゴジラ先生お疲れさまです。
ゴジラ先生お疲れ様です。
中国は依然として共産党の政府に、国民生活は民主主義と言う2面化政策をひいています。
先生の腰を折るようなコメントですが、通貨制度的においても政府主導で投資先として2面化の怖さは否めません。

近年の中国の発展は米国との友好によるドル融資が経済成長の起源ですが、それを受け入れた事により国内産業は2元化し、外国資本と自国資本の天国と地獄が存在しているように思えます。
私達の情報では中国一人勝ちにみえますが、地獄にいる企業は依然として大多数で存在し、これからも政府財源の借入金の増加は不可避に感じます。

ですが、ベトナム戦の時でさえ中国政府は米国に真っ向から対立した歴史があります。
先生が言う中国株の近未来における一旦の下げは、逆に米国の噓を許さない中国政府の強さを表すもので、いつ起るか位に迫っているのではと思います。

それでは。
#9394 記事と関係ないコメントです(笑)
吉田繁治さんという方が発行している「ビジネス知識源」というメルマガ(⇒http://www.cool-knowledge.com)を購読しているんですが(無料版のほうです)、最新号で興味深い記事がありました。例の「スイス・イタリア国境13兆円の怪」についての分析記事です。とかくこういう話は想像力が豊かすぎる人達(笑)によって陳腐な陰謀論に基づいて片づけられてしまうのが常なんですが、さすがは吉田さんです、論理的・理知的に推論しています。私自身、伊政府の公式発表は明らかに矛盾があると思いつつ、かといって何の為の行為なのかちんぷんかんぷんの状態だったんですが、頭の中を整理することができました。ご興味のある方はメルマガに登録して全文を読んでみて下さい。

全文はかなりの分量があるので(笑)、目次の部分だけここにコピペしときます。
      ↓

  <Vol.237:特別号:ミラノの奇妙な事件>
      2009年6月24日
【目次】
1.奇妙な事件
2.論理的な仮定
3.推理
4.スイスのプライベート・バンクの仕組み
5.タックス・ヘブンの総資金は1000兆円
6.国際的な資金移動の誤差脱漏は巨額
7.最終的な推理(あるいは憶測)
8.日本政府への再びの提言
【後記】
──────────────────────────────
■1.奇妙な事件
【事実】
イタリアの捜査当局は、捕らえられた日本人2人がもっていた$1345億
の米国債(249枚)は、(日米と思われる政府に)問い合わせたところ、
偽物であったと発表しています。

偽物かどうか、実は不明ですが、イタリア当局が偽物と発表したこと
は事実です。

「米国債のほとんどは、印刷が粗雑な、偽物だった。ただし(本物に
見える)古い米国のケネディ債も、10枚含まれているという。米国政
府に調査を依頼中」とも言う。 

事件の発覚は、6月3日です。後で述べますが、4月にも1兆9000億円の
日本国債の券面をもっていたという日本人2名が、イタリアで捕まって、
ニセということで釈放されています。

http://www.asahi.com/international/update/0616/TKY200906160159.html?ref=reca

2人の日本人を、イタリア財務警察が、なぜあらかじめ尾行していたの
か? これが第一の疑問です。

・・・・・・・・・・。
#9396 中国株は・・・
ヒロ社長さん、abramovichさん、おはようございます。

ヒロ社長さん、中国株はどこかで撤退することを考えながらやっています。バブル化しやすい反面難しさがあるのは事実です。

abramovichさん、この事件は昨夜記事にしようかと思ってたんですが、時間がなくて断念しました。たぶんスイスで現金化しようとしたんでしょうけど不自然な点が多すぎる。裏の世界で何かが起こっているのは間違いない。
#9399 高飛車
まぁ、低姿勢な中国政府というのも見たことがありませんが(笑)
#9400 予想
いろんな情報から予想すると、
来月末くらいに世界的な惨事が起きそうですね。
私はやはりアメリカでの暴動だと思いますが。
起こらないことを祈ります。
#9404 中国の攻撃続く
ゴジラ様 皆様こんばんは

中国人民銀行から通貨に対する発言攻撃でドルがやや後退を始めています。
ドル/円も防衛ラインに再度近づいてきました。

http://jp.reuters.com/article/foreignExchNews/idJPnTK841228420090626
#9406 結局ドル安・・・
ピーター@中国歴22年さん、たけしさん、ちょっと通りすがりさん、こんばんは。

ピーター@中国歴22年さん、まあ、確かに・・・。

たけしさん、そういう人が少なくないですね。

ちょっと通りすがりさん、まるで脅しているように見えるのは私だけだろうか?
#9408 誰が先に逝くか
ゴジラ様、皆様、こんばんは。

中国も足元はけっして安定していない、と思えます。

アメリカは自分より先にヨーロッパを逝かせよう、日本を逝かせよう、そういう策略かもしれませんね。

今は誰を先に逝かせるか、それが問題だ。

外交は内政の延長といいますが、中国も叩かざるをえない事情を抱えてるのでは?

それでも逝った国にハイエナが群がるのは見たくない。
#9410 笑えない・・・
Englishrosesのファンさん、こんばんは。

笑えないけど、そうなのかな。中国はお金がある分だけ持ちこたえるのかな。英国が先に逝きそうな感じがします。米国は米国債が潰れると一気に逝きそう。
#9413 紳士がいなくなる?
ゴジラ様、皆様、こんばんは。

今まではIMFという代理人がいたので「紳士的」に債権が回収された。

そのIMFも制度疲労をおこし、直に群がらないと・・・
制度疲労はわざとかもしれませんが。

まあ日本のODAも援助とは名ばかりで予算分捕りとキックバックが目的との説もあるので他人のことは言えませんが。

知ったかぶりばかりして申し訳ありません。
(今日も酔っているのです。)

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する