FC2ブログ

我が家の一員だったが・・・

今朝、我が家に住んでいるネザーランドドワーフ種のうさぎ(ラブ)が亡くなってしまった。2歳9ヶ月のメスだった。生まれたばかりの時に我が家にやってきてずっと一緒に暮らしてきていたのだ。とても可愛がっていたのだが、子宮の病気ではないかと言う。突然の激しい下血に見舞われあっという間の出来事であった。命とは実にはかないものである。安らかに眠ってくれラブよ!
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#7033 そんなことが…
ゴジラさん、可愛がっていたペットとの突然の別れは辛いものですね。今日はゴジラさんにとって忘れがたい1日ですね。心中お察しいたします。
#7036 残念・・・
少佐さん、こんばんは。

嫁さんも娘も泣いてます。大変な状態です。
#7038 心中お察しします
ゴジラさん

ペットは家族の1員ですから、失った気持ちは良く分かります。心にポッカリあいてしまったものをゆっくり時間をかけて癒していってください。
#7039 ペットとの別れ
ゴジラさん、自分も昔、何年か飼っていた猫が突然死んだ事がありまして、ある日家から居なくなり、はねられたのか寿命だったのか変わり果てた姿で見つけた時は悲しかったです。家族もとても可愛がっていただけに以来、猫を飼う事はしていません。ゴジラさんとご家族に愛されてラブちゃんも幸せだったろうと思いました。天国のラブちゃんへご冥福をお祈りいたします。
#7040 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
#7041 命のたいせつさ
ゴジラさん、こんばんは。
自分が子どもの頃、いろんな小動物を飼い、死なせてしまった記憶がよみがえりました。  母親と一緒にお墓をつくり埋葬したことを思い出しました。 そのようにして「命のたいさつさ」を教えてもらったような気がします。 今、私には9歳の娘がいます。 動物が大好きなんですが、私のマンションはペット禁止です。 仕方ないので、小動物と触れ合える動物園へは足しげく通っています。 現下の殺伐とした経済危機のなか、娘がうさぎたちとあそぶ姿が唯一の癒しです。 次代を担う子どもたちのためにもゴールドを残してあげたいと考えています。
#7044 ラブちゃん・・・
お久しぶりです。
自分もうさぎを飼っていました。夜、野良犬に噛まれているのを仕事から
帰ってきた父親が発見し、怒涛の走りで追いかけて奪ってきました。
まだ息があったそうです。
自分もすぐ、叩き起こされて駆け寄りましたが、既に旅立っておりました。
あの泣き明かした夜の事は覚えております。
しかし、不思議なもので楽しい思い出のみが残るもんです。
鼻息も荒く土堀りをする姿、好物のかっぱえびせんを食べる姿、
新しいわらを頬張ってはしゃぐ姿 etc.
ゴジラさんもお辛いと思いますが、ご家族と許される範囲で思い出話を
してやって下さい。
涙を流されているラブちゃんは、幸せ者だ。良かったな。ラブちゃん。
#7045 ご冥福をお祈りします
長年一緒に暮らしていたペットは家族の一員ですよね。
突然のお別れはすごくお辛いと思います。

ラブちゃんのご冥福をお祈りいたします。
#7046 家族の一員ですからね
ゴジラ様、悲しいですよね。

うちも犬と猫がいるので気持ちが分かります。ペットという存在ではなく家族と同じですから悲しいですよね。言葉に出来ないほど悲しいと思います。でも時々思い出してあげてください。思い出すことも供養になると思いますから。きっと天からゴジラ様を見守ってくれると思います。
#7048 ありがとうございます
亜Qさん、少佐さん、〇〇さん、Jupiterさん、かおるさん、抹茶さん、Steinさん、おはようございます。

みなさん、暖かいお言葉をいただきましてありがとうございます。ラブも安らかに眠る事でしょう。私がブログ生活を始めたのは丁度ラブが我が家にやってきたころでした。まだこのブログを立ち上げる前の旧ブログのころです。当初は写真を貼り付けて記事にしたのを今でも覚えています。私と共に成長してきていたのです。残念でなりませんが、これからはこれを糧にしてがんばっていかなければなりません。ここで気持ちを切り替えます。
#7050 私も・・・
ゴジラさん、心からお悔やみ申し上げます。
私のペンネームのテンは亡くなった愛猫の名です。思えば、金価格が動意づいた2005年9月にあっという間に天国に昇りました。金に投資していた自分にとって金価格の急騰は喜ぶべきはずが、テンの死に直面し少しも喜べなかった。命より大切なものはないと心から実感した次第です。今でもテンは自分の心の中で生きています。
ゴジラさん、ラブちゃんとの素敵な想い出を大切になさってください。
#7051 娘さんの心のケアを
お悔やみ申し上げます。
先週は気温差が10℃以上と激しかったから、病気の身には厳しかったのですね。 きつい症状の後であったとことで、娘さんの心にトラウマが残らないようにケアをしてあげて下さい。
#7052 感謝
テンさん、霞の飼育員さん、こんにちは。

お気遣いありがとうございます。なかなか心は晴れないものですね。娘のほうも十分気をつけるようにいたします。
#7054 初めまして。
こんにちは。
初めてメールを致します。ゴジラさんのサイトは1年前より拝見し、ゴジラさんの博識と先見性、並びにこのサイトを盛り上げる皆様に何十回も励まされ1000ドルアップまで頑張ることが出来ました。ゴジラさん、皆様に感謝申し上げます。ありがとう。新参者ですが、宜しくお願いいたします。ラブちゃんのこと悲しいと思いますが、これからはご家族の金兎霊になって1500ドル、2000ドル、3000ドルと飛び跳ねてくれると信じております。合掌
#7057 1年前からですか
宝金蔵さん、はじめまして。

コメントありがとうございます。この1年間は本当に大変でしたね。今となっては過ぎた事です。ラブのことも含めてみな良き思い出となるでしょう。
#7059
ゴジラ様、

残念でした。私も2歳前後から、あり、こおろぎ、鈴虫、トンボ、蝶、蝉、蚕、金魚、ひよこ、亀、犬・・・と数え切れない位の小動物を飼ってきました。小学1年の時には学校でウサギを飼い、冬場の餌が心配になった私は、春から夏にかけて一人でハコベを摘んで、毎日毎日干草を作っていました。ところが、冬になる前に、ウサギは犬に襲われて、私のハコベも出番はありませんでした。本当に、かわいそうなのとがっかりした悲しし出来事でした。

私が面倒を見ていた飼い犬が死んだ時も、悲しくて、悲しくて、死んだ犬をスケッチして心を慰めたものでした。書きながら、涙が出てきてしまいました。

どうぞお力を落としませんように!



#7063 昨夜は・・・
kinsanginsanさん、こんばんは。

お心遣いに感謝。昨夜はさすがに寝つけませんでした。今日は頭が重かった。でもなんとかがんばりますよ。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する