fc2ブログ

運用難の年金基金

毎年年末になると年金基金の来年度の運用配分についてのニュースが流れてくるのだが、何やら運用難との声が聞こえる。確かにカルパースなども今年の運用成績はマイナス20%だという。来年は大幅な運用配分の変更があるやもしれない。米景気減速は想像以上のスピードで迫ってきている。住宅価格は未だに底を打たない。機関投資家としては動き難い事この上ない。今後は商品配分も増えるのかもしれない。そんな中、クリフウオーターLLC、クンズ・アンド・アソシエート、ウィルシャー・アソシエーツの3社を商品関連資産運用のコンサルタントとして指名している。また、時限措置を採用するようだ。カルパースは株式での運用は全運用資産の66%を上限としていて、これまではこの上限の上下5%までの増減を認めていたが、今回の措置でこの幅を上下15%となる。2009年の相場環境はかなり荒れると見ているわけだ。
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック一覧

コメント一覧

#5841 企業業績、住宅が駄目なら
ゴジラ様、皆様 こんばんわ。

企業業績、住宅で株が見込みが無ければ今が底値であろう金属、原油などにお金が行くんだと思います。甘いですかね?
#5842 ウエイトが増える
Steinさん、こんばんは。

商品のウエイトは必然的に増えると思っています。実物資産ですから価値が失われるものではありません。それでも市場の小さな商品相場にとっては巨大な資金です。
#5843 Stein様
全然甘い考えでは無いと思います。金属や原油に投機マネーが流れる時は戦争経済の始まりという事ですから、分かってはいても無意識に避けたい気持ちがあります。
#5848 バチが当たるよきっと・・・・
皆さんこんばんは。
ご紹介のあったビジネス知識源プレミアムを今読んでいます。
金へのFRBの猿芝居映画ですが、バチが当たるよきっと・・・・
時節柄イスラム教徒が見たらどう思うだろうか?
皆さん!ブッシュ・シューズを履いて米$を踏みつけましょうか?

(以下引用)
ゴールドの約100年の歴史を調べ、思ったのは、「不換紙幣の発行者」である政府・中央銀行は、一貫して、「通貨の価値をゴールドに依存するのはばかげている」という思想的、イデオロギー的な、キャンペーンを行っていることです。理由は言わない。単に、馬鹿げていると言う。

2002年に、基軸通貨の発行、そしてその量と金利の管理をしている総本山、米国FRB(NY連銀)を訪ねたときのことを思い出します。女性の広報マネジャーが、丁寧に説明しながら映画をみせてくれました。

「FRBは、8,149トンの現物(現在の時価で26兆円分:1グラム3200円換算)のゴールドを持ちます。しかしゴールドは、ドルの価値とは無関係です。ドルの価値を保証するのは、ゴールドではないからです。米国経済と政府の信用です。」

映像は、ゴールドのインゴットをFRBの係員が踏みつけ、頑丈なジュラルミンの靴で、これでもかと蹴飛ばし、溝に捨てていました。今も、この映画を見せているはずです。
#5849 新1万円札!?
週刊ポスト新年合併特大号に「平成の救国札、25兆円日本再生計画」なる記事がありますが一部引用します

当時(2004年)、竹中平蔵、経済財政相のもとには「埋蔵金ハンター」として名を馳せた異色の財務官僚、高橋洋一氏らが集まってデフレ乗り切りの対策チームを作っていた。その中身を高橋氏が説明する。


「日銀券とは別に、財務省が新しく1万円札を刷って国民に配るわけです。天からお金が降ってくるイメージであることから、経済用語でヘリコプター・マネーと呼ばれる政策です。当時、私は竹中大臣にこの政府紙幣の発行がデフレ対策の切り札になると提案しました。法律では貨幣の発行権は政府にあるので、法改正無しに政府の判断で出来る。財務省発行の記念金貨をお札にすると考えればわかりやすい」


中略


高橋氏はこの封印された政策を今こそ使うべきだと提言する。


ちなみに今の日本ではデフレと円高なので実施しても問題無いそうです

高橋洋一氏とは何者ですか?(笑)
#5850
高橋洋一は埋蔵金の名づけ親でしょ? そんなことも知らないの?

記事の内容は小泉政権時代にも流れていた噂で何ら新味は無いが、今この時期に天下の小学館が週刊ポストのトップ記事に持ってきたことが不気味。 スクープにしても記事差し止め、国税の強制捜査等の嫌がらせが当然考えられることからこんな記事になったと勘繰れないこともない?
#5852 スナフキンさん
高橋洋一氏は以前からTVで知ってたが、この微妙な時期にこんな話が雑誌にのる事が不気味だったので(笑)

話としては以前から噂されてたんですね

しかし同じ小学館のSAPIO新年合併特大号のトップには「ドル大暴落・通貨滅裂!」もう金・プラチナしか信じられない!?との記事がデカデカと出てるようですが(笑)
#5854 ダウンロード販売だった
takkunさん、少佐さん、スナフキンさん、おはようございます。

takkunさん、私も購入しましたが、ダウンロード販売だったんですね。本だと思ってた。まだ、読めていないのでなんとも言えませんが、ちょっと割高かな。本のほうが安く感じる。

少佐さん、タイミングとしては今はないでしょう。来年、デフレが一転してインフレ、それもハイパーなやつになるのなら良い手段だと思います。

スナフキンさん、将来やるかもしれないという伏線とも取れますが、なんとも言えない。こういうことは突然はやり難いからある程度こういうことはありえますよと吹聴しておくことは重要。
#5856 高橋洋一
高橋洋一はバーナンキ、竹中平蔵の手下です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E6%A9%8B%E6%B4%8B%E4%B8%80_(%E5%AE%98%E5%83%9A)

高橋洋一の考えは下記の動画をみるのが分かりやすい
博士も知らないニッポンのウラ #35
http://miranca.com/entry/article6
#5857 やはり!
タウリンさん、自分が漠然と感じた違和感を説明して頂きありがとうございます

何か、どっかの国とおんなじ事を言ってるんじゃないか?と思ったので
今、出先なので帰ったらさっそく動画をチェックします。
#5860 そういうことか
タウリンさん、少佐さん、こんにちは。

タウリンさん引用ありがとうございます。どこかでやるつもりなのかな。
#5863 高橋洋一
その動画今は無料視聴期間を過ぎて有料になってますが
予告編だけはここから見れます。
http://jp.youtube.com/watch?v=5FDiBeGPBEA

某p2pソフトを使えば全部ダウンロードできる様ですが・・・ry
#5865 ヘリコプター支持者みたいです
>>少佐さん
高橋洋一氏はバーナンキの手下かどうかまでは知らないのですが、バーナンキの経済学に相当影響を受けていて、彼の政策を支持している論者である事は間違いが無いようです。

彼の著書「この金融政策が日本経済を救う」(光文社新書)は、バーナンキの経済学を踏まえた内容になっていて、この本は今からのバーナンキの政策に対するヒントを与えてくれる有力なソースだと聞いています。僕の方は近くの店に置いていなくてまだ手にしておりませんが…:(
#5867 ヘリコプター高橋
ゴジラさん、何か怪しいなと感じたんで質問してみたらやはり怪しげですね(笑)


タウリンさん、予告編見ました。官改革するのは結構ですが、結果米国の思い通りな改革では困るんで、この人の言動には気をつけます


Jiaさん、有力情報ありがとうございます。

どう見ても人の良さそうな人物にしか見えませんが中身はヘリコプター支持者なんですね。書店で著作等チェックしてみます。
#5869 ヘリコプター大増殖
タウリンさん、Jiaさん、少佐さん、こんにちは。

この人の本ちょっと見てみたい気もするけど、どうしようかな。ばらまきが悪いとは言わないけど。バーナンキ流だと一般国民にはネガティブですね。
#5954 北の国から
ゴジラ様、皆さんこんにちわ。現在帰省中で寒い地方で風邪気味です。
11月頃からこのサイトにお邪魔させていただきました。
 皆さんのご見識に驚嘆しましたことと同時に自分の無知さをよく理解できた1ヶ月でした。

 さて、今自分は高橋氏の「この金融政策が日本経済を救う」を購読中です。
 以前FXを少しやっていた関係で閲覧しているサイト「為替王」さんのブログ中での推薦本として紹介されていたので、勉強のつもりで読んでます。
 氏はFRB等米国金融主流派の広報係の一翼を担っているのかなという理解をしております。
 我々と反対サイドの人たちの(本流の)考え方を知るのは自分の立ち位置を知るうえで必要かなと思ってます。
 まだ半分程度しか読みきれてませんが、かなり興味深い本です。
 希望の来年に向けての逆「ビタミン・ミネラル」の補給です。(笑)
 私事で恐縮ですが、風水の9年サイクルの運勢上で、私は今年の「大底」の年から脱却し、来年は「注意」の年へと少しずつ上向きのサイクルへと転換していくとのことです、そのとおりだといいなあ。(笑)
 皆様におかれましても、来年は準備万端で必ず良いお年となりますよう心よりお祈りしています。
 それでは来年も是非是非よろしくお願い申しあげます!
#5960 こちらこそ
辛酸なめ太郎さん、こんばんは。

わざわざありがとうございます。こちらこそ来年もよろしくお願いいたします。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する