fc2ブログ

ゴールドは反転したのか?

昨夜のゴールドは大きく反転したようだが、これは本物なのか?先月から調整を始めたゴールドであるが、私は腑に落ちないと思っていた。確かにファンド売りなどはあるだろうが、現物の枯渇などを考えるとあまりにもファンダメンタルズとの返りが大きいからである。

1990年代、金キャリートレードが盛んだったゴールドウォーズの時代、JPモルガンとバリック・ゴールドはグルになって金キャリートレードを行い利益を上げていた。そこに猛烈か買いを入れてきたヤツがいてJPモルガンは破綻寸前まで追い込まれる。その後、グリーンスパンは同様のことをやっていて行き詰っていたチェースマンハッタンと合併させて両者を救済した。

かくしてゴールドウォーズは幕を閉じゴールドの長期上昇トレンドへ転換することになる。それが1999年の9月11日である。その後、ドルインデックスは2002年にピークを打ち下落に転じると共にゴールドが動き始めた。金鉱山会社も金キャリートレードの解消と共にヘッジポジションをを急速に解消し始めていた。今はもうほとんど残っていないと思われる。業界関係者はみなゴールドは上昇していくという予想をしているのだ。

ところが9月のリーマン・ブラーズの破綻以後様子が変わった。ゴールドが下げ始めたのだ。資金の流動性が著しく傷害され枯渇しだした。公的機関は膨大な資金供給を行ったが、流動性は一向に向上しない。また、LIBORが急騰してしまって銀行間取引まで滞るようになってしまった。そこで古の方法、金キャリートレードが復活していたのだ。

ゴールドが24時間下げ続ける状況が起こったのはそのためではないだろうか?しかし、一旦買戻しが起こると急反転していく可能性がある。それを見越してジム・ロジャースはゴールドの買いに入ったのではないだろうか?昨夜のゴールドの反発はそんな感じに見える。ただ、過信は禁物で反転を再度確認するべきだとは思う。
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック一覧

コメント一覧

#4296 見事な考察
連投失礼。

ゴジラさん、お見事な考察!拍手パチパチ。
歴史を振り返ると、コメントのとおりの帰結にたどり着きますね。
日本のゴールドバグ・ゴジラの面目躍如!

で、論理的なゴジラさんに対抗して、非論理的な予言を。
前にも紹介したWEBBOT
http://ytaka2011.blog105.fc2.com/
フランスのLEAPが来年夏の米国債デフォルトを予想していること
から、ある程度の信憑性は高いと思いますが、なにせ予言占いの類ですから、当たるも八卦当たらぬも八卦。

市井の投資家も、ファーバー先生のような大家も、予言も占いも
ドルの減価、これまでの金融システムの崩壊等同じ未来を示唆しているような・・・
#4298 ヘッジファンド数百本破たんも、「市場閉鎖」あり得る-ルービニ教授
ついにヘッジファンド 数百本破綻で、先進国の株式市場閉鎖(一週間)があり得る位の記事がブルームバーグに出ました。我が世の春を謳歌したヘッジファンドも終りですね。

注目すべきは『イタリアのベルルスコーニ首相は10日に、各国首脳が世界の金融市場を閉鎖することを協議していると発言し市場を動揺させた。同首相は発言内容を撤回した。』部分です。私は全然キャッチ出来ていなかった。

「これは米国、欧州、そして今や新興市場にとって、長い間で最悪の金融危機だ。事態は改善する前に大きく悪化するだろう。最悪の事態はこれからやってくると思う」と同教授が語るように今起こっていることは序章に過ぎないのです。

まさしくこれは終りの始まりです。ここで何度か紹介させて頂いたラビ・バトラの予言が成就するのか?

我々はGOLDという方舟に乗り生き証人として後世に伝えなくてはなりません!

http://sharejapan.org/bcworks/2004/04/post_11.html -ラビ・バトラー-

http://sports2.2ch.net/test/read.cgi/iraq/1201270509/l50 ーラビ・バトラ ー

http://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/5b01401f8a8ef4f078788ba123244ebb -ラビ・バトラ

10月23日(ブルームバーグ):ヌリエル・ルービニ・ニューヨーク大学教授(経済学)は23日、危機が投資家の一斉売りを引き起こし数百本のヘッジファンドが破たん、当局は1週間以上にわたり金融市場を閉鎖しなければならなくなる恐れもあるとの見方を示した。

  同教授はロンドンでの会議で発言し、「完全なパニック状態に達した」として、「大量の資産投げ売りが起こり、数百本のヘッジファンドが倒れるだろう」と語った。

  世界各国当局は協調緊急利下げや銀行救済で金融危機に歯止めをかけようとしているが、先進7カ国の金融市場で取引を停止するには至っていない。

  ヘッジファンド会社GLGパートナーズの共同最高経営責任者(CEO)、エマニュエル・ロマン氏もルービニ教授と同じ会議で、ヘッジファンドの最大 30%が閉鎖に追い込まれるとの見方を示した。

  ルービニ教授は会議で「システミックリスクは膨らみに膨らんだ」として、「ヘッジファンドの多くから、資金が大量流出し始めている。向こう数日内に当局が市場を1、2週間閉鎖しなければならない事態も想定しておいた方が良いかもしれない」と語った。

  イタリアのベルルスコーニ首相は10日に、各国首脳が世界の金融市場を閉鎖することを協議していると発言し市場を動揺させた。同首相は発言内容を撤回した。

  GLGのロマン氏は「適者生存という法則に従った形で、多くのヘッジファンドが姿を消すだろう」と語った。ヘッジファンド業界の年初来の成績は20 年で最悪となっている。9月は10年で最悪だった。

  ルービニ教授は「新興市場でも事態は相当悪くなっている」として、「米国がくしゃみをすると世界がかぜを引くという言い回しがあるが、米国は今やしつこい慢性の肺炎にかかったようなものだ。新興市場はひどい状態になるだろう」と話した。

  新興市場国の国債のスプレッド(米国債との利回り格差)はこの日、6年ぶり高水準に達した。アイスランドやパキスタン、ハンガリー、ウクライナに続き、ベラルーシも22日、国際通貨基金(IMF)の緊急融資を申請した。

  ルービニ教授は、「12カ国前後の新興国が今、深刻な金融危機に見舞われている。小さな国であっても、世界経済に対しシステミックな影響を与えることは可能だ」とし、「苦境にある国すべてを救済するだけの資金がIMFにはない」と指摘した。

  同教授は今月、米経済が40年で最悪のリセッション(景気後退)に陥るとの見通しを示した。「これは米国、欧州、そして今や新興市場にとって、長い間で最悪の金融危機だ。事態は改善する前に大きく悪化するだろう。最悪の事態はこれからやってくると思う」と同教授は語った。


http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=infoseek_jp&sid=aYgCWV5fuvbg


#4299 号外
いつもお世話になっております。

やっぱり、24日の豊島氏の文章は、今までとは、何かが違っていたことを、皆さんも感じ取ったのですね。

豊島氏の最新レポートが出ています。

http://gold.nikkeibp.co.jp/gold/column/news/main.php?id=020120081025500
#4300
金リースレートも下がることができなく金も下げることができないときが金の暴騰になるということでよろしいでしょうか。
#4301 昨日、やっとこさ、アメリカ版「エキスポラ〇ド」ジェットコースターが逆行高
ゴジラさん、こんにちわ。
↓XAUが逆行高ですわい。ただし、まだ半信半疑なのか4%高

http://finance.yahoo.com/q/bc?s=%5EXAU&t=my&l=on&z=m&q=l&c=

↓注目のリースレートは、まだまだ本震前の余震段階?
http://www.kitco.com/market/lfrate.html

・・・そういえば、さっきニュースで特集がありましたが、
日本人が外貨両替店に殺到して、お店の米ドルやユーロの在庫
がなくなっているところも出ているそうです。

交換レートは、99円台(手数料込なので、割高に乖離)だそうで
ユーロは123円だか?126円だかよく覚えてないんですが・・・

 ドルやユーロの購入目的は、一部は旅行先でお買い物に使う
という平凡な方々だそうですが、ほとんどは【差益】狙いだそうで
す。きのう1日で300人も列をなして並んだ店もあるとか。

・・・なんか貴重な日本円をわざわざ並んでまで【紙屑】に換えに
いく人たちを見ていると、何故?地金店に殺到しないのかと
とても、かわいそうになってきますね。(輸出企業は大歓迎!でしょうが・・・)

 しかし、そのうちにこの長蛇の列が【ゴールド】を買いに並ぶ列へと変貌する日も近し!でしょう。



#4304 米国債が死ぬ?
mingonさん、こんにちは。

ヤスさんとこ面白そうなんですけど、ボリュームがありすぎていつも途中で投げてしまいます。残念ながら。
#4305 元凶は・・・
takkunさん、こんにちは。

元凶は米国ですから要は米国の銀行を一度デフォルトにして清算して一からやり直せば良いのです。そうすれば新興国の通貨安は起こらないから。それを嫌がって生き延びさせているからいけないんです。
#4306 豊島氏・・・
chachaさん、こんにちは。

この引用ってchachaさんでした?すいませんね、私が一番ボッ~としてましたね。
#4307 正しければの話です
uitaさん、こんにちは。

要するに誰かが買い戻しに入ったりすると、一斉に買い戻されていくことになりそうだと言っているわけです。下げた時と同じようなスピードです。
#4308 まだまだ?
ワッショイさん、こんにちは。

リースレートがもう一回ぐらいドンと上がると面白そうです。
#4309 金融倒産爆弾に揺さぶられる有名一流企業“21社” (ゲンダイネット)
リーマンショックは対岸の火事ではない。
これを知れば日本全国のリーマン(サラリーマン)がショックを受けるかも知れない!
大新聞に○○記事として出る前に心の準備が必要かも?

記事のポイントは3つ。

現在の市場でCDSスプレッドは企業の信用度を測る究極のバロメーター。それが証拠に、スプレッドが高い企業は最近の上昇市況でも株価は一部を除いて安値に張り付いたまま、何ら変化がない。

東京金融取引所が公表している上場企業を対象にした各社のCDSスプレッド(参考値・21日)を見ると、“イエローカード”を超える会社は21社(別表)。消費者金融、航空、建設……と日本を代表する企業がズラリ。

三菱UFJ証券の藤戸則弘氏はCDSスプレッドを企業の“平均余命”を判断する傾向値として着目。それによると、スプレッドが(1)2%を超えるとイエローカード(2)4%でレッドカード(3)7%で破綻を強く意識(4)10%でファイナルカウントダウン。


各社のCDSスプレッド(最新版)
http://www.j-cds.com/jp/index.html


ゲンダイネットより転載

http://news.www.infoseek.co.jp/topics/society/n_bankrupt2__20081025_3/story/25gendainet02038878/


金融倒産爆弾に揺さぶられる有名一流企業“21社” (ゲンダイネット)
 リーマン・ショックが老舗ホテルを直撃した。明治期に創業したJR品川駅前の「京品ホテル」が20日、突然の廃業に見舞われた。経営破綻した米証券リーマン系列のノンバンクに対する計60億円の債務返済が理由だ。京品ホテルは昨年1億円近い利益を出し経営は順調だっただけに、まさにトバッチリ倒産だが、これは決して他人事ではない。リーマン破綻を誘引し、世界中にバラまかれたCDS(クレジット・デフォルト・スワップ)と呼ばれる金融商品“爆弾”がいつどこで爆発するか分からないからだ。


●リーマンは7%にハネ上がって潰れた

「世界金融恐慌の元凶」と名指しされる「CDS」は、融資先や社債を発行した企業の倒産に備えた保険のような金融商品。買い手は、売り手に保証料を払い、倒産時には売り手から回収不能となった債権の元本補填を受ける仕組みだ。倒産の可能性が高いほど保証料率(スプレッド)が高いが、好景気時は企業の破綻リスクも小さいため、売買双方がこぞってCDS取引を拡大。世界のCDS市場の取引残高は6月末時点で54兆ドル(約5400兆円)に上り、世界のGDP(48兆ドル)を上回る状況だ。

「CDSは好景気時は売買双方にメリットがある。だが、もともと“損失リスク”をやりとりするため、株価下落などで企業の破綻懸念が高まればスプレッドが急騰。企業は信用力が落ちて資金調達が難しくなり、さらに破綻懸念が高まるという悪循環に陥る。破綻したリーマンも、直前のスプレッドが3%から7%に跳ね上がった」(経済ジャーナリスト)

 三菱UFJ証券の藤戸則弘氏はリポートで、このCDSスプレッドを企業の“平均余命”を判断する傾向値として着目。それによると、スプレッドが(1)2%を超えるとイエローカード(2)4%でレッドカード(3)7%で破綻を強く意識(4)10%でファイナルカウントダウン――になるというのだ。

 東京金融取引所が公表している上場企業を対象にした各社のCDSスプレッド(参考値・21日)を見ると、“イエローカード”を超える会社は21社(別表)。消費者金融、航空、建設……と日本を代表する企業がズラリだ。

「現在の市場でCDSスプレッドは企業の信用度を測る究極のバロメーター。それが証拠に、スプレッドが高い企業は最近の上昇市況でも株価は一部を除いて安値に張り付いたまま、何ら変化がありませんでした。経営不安がささやかれる米GMのスプレッドは今や50~60%という異常数値です」(証券アナリスト)

 前出の藤戸氏もリポートでこう指摘する。

「『あの大企業が』という規模の論理は通用しない。規模の大小にかかわらず破綻リスクに直面する――これが今回の恐ろしさである」

 今後、要警戒だ。


【上場企業のCDSスプレッド(参考値)】

◇企業名/スプレッド

◆アイフル/16.14

◆武富士/13.64

◆日本航空/9.41

◆ソフトバンク/7.65

◆プロミス/4.32

◆オリックス/4.05

◆全日本空輸/3.9875

◆住友不動産/3.9125

◆日興コーディアルグループ/3.8

◆西松建設/3.194

◆荏原製作所/3.095

◆大成建設/3.025

◆アコム/2.97

◆IHI/2.7675

◆鹿島建設/2.265

◆丸紅/2.2565

◆パイオニア/2.2

◆NECエレクトロニクス/2.1733

◆日産自動車/2.0774

◆野村ホールディングス/2.0167

◆伊藤忠商事/2.0125

(東京金融取引所調べ=21日。単位は%)

(日刊ゲンダイ2008年10月22日掲載)



[ 2008年10月25日10時00分 ]

#4311 凄いね
takkunさん、こんにちは。

これ凄いですね。高いところは露骨に高いけど、大丈夫なのかな?
#4313 日本生命、農林中金・・・
非上場の日本生命、農林中金、他かなりの信金がやばい。 詳細は控えますが、農業関係者はよく調べたほうがいい。
#4314 日本生命でも・・・
Jupiterさん、こんにちは。


日本生命でも株式含み益が0になるのは日経平均7600~7800円位だったと思います。後の数社は7千円台で踏ん張っていたが、それ以外は遥か上の数字です。つまり大半の生保は含み損ということ・・・。
NK225をやっている人は知っていると思うが24日夕刻トレードでは7千円前半で終わった。つまり、日本生命でも・・・含み損。
実質バブル後最安値を割り込んでいるので、これからは大変だ。

特に個人年金をしている人は(私を含めて)高利回りであったとしても一度契約を考え直す時なのかも?
そして生命保険なんかは格安の掛け捨てで良い。貯蓄部分は実質マイナスかもしれないのだから!
#4316 大手金融機関だけが安泰
takkunさん、こんにちわ。
まったく同感です。 バブル崩壊後、大手金融機関は公的援助を受け今や磐石の財務体質ですが、ノンバンクや中小金融機関はバブル崩壊後の含み損を消化できないまま、怪しげな資金運用を続けてきたことを間近に見てきました。 マスコミは大手金融機関のことしか報道しない。 私たち庶民を直撃する爆弾から日本政府と大手一流企業は守ってくれないと感じています。
#4323
こんにちわ
紫金の記事を拝見しました。ドイツ銀行のことですがもしそのようなことをしていたとしたら、これから紫金をもう一度買われる可能性があるということですか。。。。
中国の金鉱株のなかで一番見込みがあるのは紫金でしょうか
#4324 日本生命のティッシュ配り
Jupiterさん、こんばんは。

そう言えば、少し気になることがありました。
勤務途上、ビジネス街を歩くとティッシュ配りがあります。
消費者金融は毎日です。
銀行はボーナスシーズン直前のみです。
そしてなんと日本生命のティッシュ配りをこの前初めて見ました。

なぜニッセイがティッシュ配り?と訝しげに思いました。
新商品のキャンペーンだったようですが、余りにタイミングが良すぎです。

これからあの失われた15年以上の不況が来るのか?と思うとやるせなさも極まります。
#4326 日本も危ない?
Jupiterさん、takkunさん、こんばんは。

話が日本に移ってきたようですね。あまり日本の銀行に影響して欲しくないですが・・・。
#4327 予想です
ootaさん、こんばんは。

予想として書いているだけです。判断はご自身でお願いできますでしょうか。見込みがあると思っているのは確かに紫金です。
#4369 含み益が0になる水準
含み益が0になる水準

朝日生命 12750
住友生命 10400
三井生命 9400
富国生命 9300
第一生命 8800(GSE債約1兆3000億円保有)
太陽生命 8270
大同生命 8000
日本生命 7600(GSE債約2兆9000億円保有)
明治安田 7400
----------------------------------------------
外国証券(1ドルのレート)
三井生命 108円
住友生命 107円   
朝日生命 107円
富国生命 102円   
太陽生命 101円   
第一生命 100円   
大同生命 96円   
明治安田生命 94円   
日本生命 91円
#4386 ・・・。
STAKさん、こんばんは。

よくこんなの見つけましたね。ダメってこと?

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する