緊急事態だと思うのだが・・・

金融安定化法案を纏めようとしていたのか、それとも混乱させようとしたのか、分からないがマケインが出てきて協議が迷走し出してしまったらしい。いったい何が狙いなのか?選挙戦を睨んだものだとの批判があるようだが、遊んでいる場合ではない。実際どこまで煮詰まっていたのかは知らないが、こいつが可決されないとやっぱり大変なことになるだろう。

今、ドル市場は壊滅状態で資金の出し手がいなくなり、翌日物以外は取引が皆無となっている。それは金融機関の相互不信で市場の流動性が干上がっているからである。そのためLIBORも上昇が止まらない。FRBは連日膨大な流動性を供給しているが、それらの資金は市場に放出されず、金融機関がそのまま握り締めているのが現状でまったく効果が出ていない。

金融機関が流動性を供給しないでいるともちろん不景気になっていく。今や米国の金融機関は完全に機能不全となっているのである。消えたドルは何処へ行ったのか?そんな中でデフォルトが無いと思われている米国債(1ヶ月物)への資金流入は止まらないようで利回りはゼロに近づいている。ここに来ていたのだ。

バーナンキFRB議長は「既に弱まっている米経済に脅威となっている金融市場が機能停止すれば、住宅市場の低迷はより長期化、深刻化する」と言っていた。今は何としても金融安定化法案は可決させなければならない。7000億ドルで何とかなるとは思えないが、一部でも不良債権と金融機関を分離しなければ機能を取り戻す事ができないのである。今は一刻を争う状況なのである。どうもマケインはよく分かっていないようだ。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する