金投資家にとっては綺麗な流れだが・・・

昨夜のNYダウは再び大きな下げとなったようだ。ただ、今は空売り規制の真っ只中で暴落はしないと思っていただけに衝撃は大きい。これでは空売り規制が終了したらタダではすまない。昨夜は原油の高騰もあり、ドルも売られたためゴールドにとっては良い環境となった。そのためゴールドは強い抵抗線と見られる900ドルをあっさりと越えてしまいブレイクアウトしてしまったかもしれない。今年、ゴールドにとってこんなに綺麗な相場になる事は珍しい。だが、最近騙される事が多いので用心に越した事はない。また、金ETFの積み上がり方が半端ではない。1日で30トンぐらい積み上がっている。状況が信頼できるのであればエンジン全開であるのだが・・・。

*金ETF残高864.56トン+61.78トン(9/23現在)
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#3706 900ドル抵抗線
こんにちは。NYダウの弱さにはちょっとびっくりですね。ダウ暴落の始まり、 松藤民輔さんみたいですが、まさにそんな方向であると思います。 金価格は今晩のNYで900ドル超えが維持できれば、あらためてロケット発射の確認。年内の1000ドル超えが確認できた、といえるのではないでしょうか。 私も半信半疑のままETF売却見送りました。 
→ 状況がはっきりするころ、金は1000ドル超えているのかもしれませんね。   
#3707 そう思います
わにさん、こんばんは。

そうですね。今晩の900ドル維持は必須です。なんとなく疑いながら見ていたら、知らないうちに1000ドルになっていた。なんてことになるのかも。
#3710 霊宝黄金 14%爆上げ
UW証券の記事より

霊宝黄金(3330/HK)の08年6月中間期
売上高:18億3658万人民元(前年同期比81.3%増)
純利益:1億2807万人民元(前年同期比233.0%増)
EPS:0.17人民元前年同期は0.05人民元)
配当:なし

 金市況の上昇が追い風となる。ドル安を背景に安定資産である金への投資需要が拡大するなか、国際金価格は上半期、1トロイオンス1000米ドル台に上昇した。金生産量は16.4%増の6687kg。中でも精錬部門が業績を押し上げ。金塊の販売量が72.7%増加(平均販売価格は26.5%上昇)するとともに、硫酸の販売量も41.1%増加(平均販売価格は268.6%上昇)し、部門の売り上げが87.8%増の10億1808万人民元を記録した。
 採掘部門の売り上げも29.8%増の1億6460万人民元と好調。このほか為替差損が33.6%減の408万人民元に縮小したほか、業務合併に伴う負ののれん代1243万人民元を計上した。
(以上引用終り)

霊宝黄金は 14%爆上げで株価は2.2となった。しかしこれでもPER6.7かつPBR0.87で利回り5.8%(年末配当が期待されるが)であり、しかも埋蔵量、埋蔵量価値、時価総額がそれぞれ144トン、4723億円、200億円は大バーゲンと思うのだが・・・
#3712 割安ですよ
takkunさん、こんばんは。

事実、割安だと思いますよ。小型の金鉱株が跳ねるときは大きいです。それを狙って買う人も多いと思います。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する