FC2ブログ

ゴールド、700ドルへの道

一昨日のゴールドの急騰23ドル高には驚いたが、昨日はそれほど下がらずにすんだようである。先日、先物のサイトである記事を目にした。「NY金市場におけるファンド買い玉総数がNY金市場全体の45%に達した事は初めてである。それほど今のNY金市場は、投機的に買われすぎだったといえる」「ファンド買いこしのピークが相場のピークである事は、今や常識。」この記事の翌日急騰した。つまりありえないタイミングで急騰したのである。一旦630ドル前後まで下げるのではという意見も多かったが結果として上げてしまった。これは予想のつかない領域に入ったかもしれない。それを越えたところに700ドルの壁はあるのか。

*金ETF残高594.54トン+43.66トン(2/23現在)
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック一覧

さわかみファンドとは何だ?

人気ながらも秘密のベールに包まれているさわかみファンドとは?(http://ja.wikipedia.org/wiki/さわかみ投信より引用)「さわかみファンド」は主に日本国内外の株式に投資し、長期的な円建て信託財産の成長を目指す方針の株式投資信託である。原則として投資対象に制限は

コメント一覧

#502 あっさり抜いてしまうかも
ゴジラさん、こんばんは。

午後11時30分ですが、直物で685ドル、12月は710ドルほどをさしていますね。
昨日亀井幸一郎さんが日経NBCで話していましたが、史上最高値を抜く動き、ただ700ドルの心理的抵抗線でやはり撥ね返されることはあるかも?とのことでした。でも弾みで今日にも抜いてしまうことがないとは言えませんね。
#503 亀井さんは私も好きです
ふぉれっくすさん、おはようございます。

金ETFの調子が戻ってきましたので案外あっさりいくかもしれませんね。亀井幸一郎さんはかなり真っ当な解説をされる方で私もファンです。亀井さんのブログはこちらです。
http://blog.goo.ne.jp/msi021112
#504 ヘッジ売りが減少しています
ゴジラさん、おはようございます。

今日のサンフランシスコからのレポートを見ると鉱山各社の先物ヘッジ売りが随分減少し、2001年の第3四半期だったかな、一番ヘッジ売りの多かった時期に比較すると60%減少しているとのことでした。最大手のBarrickも顕著に減らしているとのことですから、供給側も金価格高騰の方向は間違いなさそうと考えているようです。色んな情報からみても先行きは期待が持てそうです。
#505 ヘッジ売り減
ふぉれっくすさん、こんにちは。

鉱山会社のヘッジ売りは去年かなり減らしてると思います。大きいところはブローカーとグルになってますから分かりやすいと思います。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する