fc2ブログ

自由貿易とは名ばかりだと思うが・・・

先月WTO交渉決裂のニュースが流れていたが、正直ホッとしている。個人的に日本には食料自給率を100%にして欲しいと願いたい。特に今の状態で主食であるコメなどの関税率が引き下げられたら終わりだ。日本は戦後アメリカの影響で食生活を欧米型に変えられてしまった。給食にはパンが支給され小麦粉が必要な状況下にある。数十年間日本は小麦を輸入し続ける事になりアメリカに利益をもたらし続けた。牛肉も同様である。日本にはまだ自国を守れるだけの競争力は無い。欧米の農家は補助金が大きいため穀物は安く輸出できる状態にある。今の穀物などの商品相場の下落はWTOの交渉にあわせて下げているようにも見える。もしある程度妥結していたら商品相場は上昇していたのかもしれないと考えている。食料を押さえられたら日本は干上がってしまう。食料を押さえられている状態で農産物を自由化してはいけない。今後の食料政策で日本の運命が決まってしまう。
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック一覧

コメント一覧

#3154 またもや同感です。
まったく同感です。
日本の食糧自給率、39%とか言ってますが、カロリーベースで、
しかも、完全自給の米を入れてですよ。
トラクターの軽油も上がって、経営の苦しい北海道の農家は会議の成り行きに
びくびくしていました。インドなんかが主導した形で、とりあえず、日本の面子もつぶれない形で、会議が決裂して本当によかったと思います。
足下では、じんわりと国産の小麦や米粉を地産地消と称して購入する動きが出始めましたが、その動きも微々たるもの。
今回の決裂で稼げた時間で、農業をどうするのかしっかり考えてほしいですね。

そういって、憂国の正義を気取っていながら、金の次は、水と食糧かと考えている強欲の自分もいたりして・・・
#3155 そうですね
mingonさん、おはようございます。

私もゴールドの次は水と食料だと思います。重なってしまうのかもしれませんけど。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する