リセッション?

来年のリセッションに備えよと言い始めた。やっとと言うべきか。ここでも景気後退期に入ると言い続けたが玉虫色の経済指標に悩まされ続けてきた。好況感が薄い状態のまま世の中は彷徨って来たが、今までが不況だったと言われてもおかしくはなかった。要するに人の気の持ちようで景況感は変わるのである。だが、本当にかなりの不況だった場合は本当に底に落ちていくだろう。さて、来年はどうなるか?

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-07-26/OTONAO6JIJVE01
スポンサーサイト