パリ協定離脱

米国のパリ協定離脱に揺れる。言ってたことだから今さらと言う感じもするが、本当にやるのか?と言う気持ちも若干ある。そもそも温室効果ガスの排出量は中国に次いで世界第2位である。そもそも米国と中国が本気にならないと始まらない話である。また、この協定には裏があるとも言われており、排出権取引が新たな国際基軸通貨構想となっているとも言われていた。しかし、それをちゃぶ台返しのようにひっくり返してしまった。個人的には良かったと思っているが、米国の孤立感が際立つ。
スポンサーサイト