睨み合いは続く

ダウは足が止まりつつある。まだはっきりとは断定できないが、金利上昇とテーパリング示唆の中よく持ちこたえている。米軍のシリア空爆は突然起こったが、大きな影響は今のところは出ていない。ゴールドは少し反応したように見えるが、動きとしては大したことはないように思える。つまり依然としてボックス圏内とも言える。私はまだ睨み合いが続いている状態と判断しており、難しい相場が継続中との見方である。
スポンサーサイト