利上げするしないは・・・

3月に米利上げがあるかないかで揺れているようだ。一般に利上げ示唆は吹かしだとする見方が多い。これまでのFRBの動きから利上げのペースかなり緩慢になるものと思える。そうであれば今回は見送りの可能性は始めから高かったのかもしれない。だが、FRBが本当に利上げをしたいのであればもう時間的な猶予はなくなりつつある。それは次の景気後退期が近づいているようにも見えるからだ。見ようによってはどちらともとれる部分はある。私は元々利上げには無理があると思っていたが、頻繁に繰り返されるアナウンス効果は想像以上に効いている。果たして今回は・・・。
スポンサーサイト