FC2ブログ

中央銀行の強さでは・・・

中央銀行の中ではFRBは別格の強さを持っている。今となっては日銀の弱さを実感するのみでもはや市場に対する影響力を失いつつある。ECBも同様でお互いにマイナス金利突入したものの果実を得ることなく萎んでしまった。こうなると次の一手はない。自らの政策が間違っていたと反省し、政策転換するとは考えづらく責任を取っての辞任しか道はない。そうなると俄然意味を持ってくるのはFRBの今後の動向である。米国の利上げ開始は極めて大きな意味を持つことになる。結局、通貨政策は米国を中心に動いていることが改めて理解されることになりそうだ。しかし、必ずしも良い意味とは限らないが・・・。
スポンサーサイト