fc2ブログ

後戻りは出来るのか?

金本位制の世界では量的緩和は不可能に近かった。金本位制を放棄した理由のひとつは金融政策の自由度が全くなかったところにある。しかし、現状を見るに金融政策の自由度がありすぎるのも問題であることがよくわかる。気が付けば世界中が札束だらけになっている。しかも大半はブタ積み状態で生きたお金ではない。金融工学なるものと金本位制は対局にあるシステムで絶対に相容れない。仮想世界と現実世界の比較になる。人は常に現実に生きるべきであり、仮想空間では生きられない。それが現実である。人は現実を理解して後戻りすることは出来るのだろうか?恐らく出来まいが、どこかでケリをつける必要が出てきたと思っている。
スポンサーサイト