FC2ブログ

ゴールドと債務は相関性があるが・・・

1971年以降の国家債務と金価格についての相関性は86%らしい。かなりの相関度だが、ここ最近は異なる動きに終始している。2000年代は債務の増加に対して順調に上昇を続けていたと言える。債務上限を次々と突破する現状を見るに金価格が下落する環境ではなかったことが改めて感じられる。世界的な金融緩和が進行する中で先進国通貨は気がつかないうちにドル、ユーロ、円がともに地盤沈下を起こしている。それと同時にゴールドも地盤沈下が起こっているのである。これは偶然ではなかろう。それに伴い新興国が金準備を増加させているのが現実だが、なるほどなと思われる状況である。
スポンサーサイト



侮れないロシアの金準備の増え方

RJ1115_image002.png

驚いたね。ロシアがゴールドを買っていることは知っていても、こんなに積み上がっているとは思わなかった。1000トンに達していたんですね。中国の統計は不明だが、恐らく想像を絶するだろう。トルコの金買いも有名だったが、かなり纏まった量になっている。だが、トルコは原油決済用にも買っていたのでこれ以上買っていたことになる。意外なのはBISである。人知れずこんなに買い込んでいるが、なぜだろう?必ず理由があるはずだが、気になる動きである。