FC2ブログ

そして金需要は東へと

KWN Laird 14_convert_20121229095252

そして時代とともに金需要は東へと流れていった。いかにNY金先物市場でコントロールされることの意味が薄れているのかがわかる。だが、実際にはゴールドだけでなく原油などもドルで取引されている限りは歪な価格構成を余儀なくされる。しかし、上げることよりも抑えきることのほうが数十倍難しいことである。
スポンサーサイト



ゴールドを売る国買う国

KWN Laird 12_convert_20121229094625

中央銀行はゴールドのメインプレーヤーの一つである。先進諸国はゴールドを売り続けてきた。それも長きに渡って。1990年代ゴールドは低迷を続けてきた。2000年代に入るとゴールドの時代を迎えた。不思議なのは2000年代も先進諸国はゴールドを売り続けていた。なぜ相場は反転したのだろうか?そして今度は先進諸国の売りは止まった。不思議なことにゴールドは足踏みをし始めているのだ。この背景には我々には見えていない何かがあると思うのは私だけだろうか。

世界的QEに反応の鈍いゴールドの怪

年末の来てもう相場的に大きな動きなかろう。世界的に量的緩和が加速する中、不思議とゴールドは沈黙している。インフレも今のところ上手くコントロールできているように見える。現状は一旦資金を引き上げドルに帰る動きか?ならば年明け早々に大きく動き出す可能性はあるのかな。しかし、マネーの動く方向はどこなのか?