FC2ブログ

悲観と楽観の狭間で

shapeimage_20.png


悲観派と楽観派の狭間でうごめく人の心。真の指標はいったいどっちを向いているのだろうか?私は悲観派に属するが、見方によってはどちらにも解釈出来るのは事実である。だが、恐ろしいことに事はこのまま進んで行くような気もする。
スポンサーサイト