FC2ブログ

EUは無事に年を越せるのだろうか?



スペイン銀の資本不足問題はユーロ圏の最大1000億ユーロ(約10兆円)の支援を速やかに実施する方針で合意し事なきを得たかのように見える。ユーロ圏の危機支援は、ギリシャ、アイルランド、ポルトガルに次ぎ4か国目になる。だるま落としのように下から順番に来ている感じ。これらの問題は当然EUに影響を与えている。ユーロ危機に揺れるEUの財政・金融統合への一歩として「銀行同盟」構想が具体化する中、これに反対する英国内で、中長期的なEU脱退の可能性を視野に入れた議論が活発化してきている。今回のスペイン銀問題で銀行同盟構想はより大きく叫ばれるだろう。しかし、ユーロ圏諸国の借金の肩代わりを意味する預金保険制度の共通化や金融取引税が英国の意思に反しEUの多数決で導入されれば、シティーの経済的利益が大幅に減る恐れがある。ここに英国のEU離脱の可能性が出てくるわけだが思ったよりも早いかもしれない。
スポンサーサイト



先週の金価格

6月   London   NY(COMEX)
4日           1618.30
5日           1616.90
6日   1635.00   1619.70
7日   1606.00   1588.50
8日   1576.50   1594.70

*1600ドルに復帰したゴールドであったが、木曜日に売りたたかれて大きく下げた。金曜日は再び上昇しているが、ギリシャ、スペイン等波乱要因があるだけに目先は読みにくい。

*金ETF残高1588.53トン(6/10現在)exchange-traded gold securities