世界はドルで溢れているが・・・

世界はドルで溢れている。ユーロは完全に傾いている。それでも消えてなくなるとは思わないが、このダメージはかなり残る。決済通貨としてのドルは必要不可欠となっている。なぜ、このタイミングで円と元をドルを介さずに日本と中国が国家間でレートを決める直接取引をするようになっていくのだ?三菱東京UFJ銀行など3メガ銀行と中国の大手銀行との間で行われるらしいがHSBCも絡んでいる。英国が絡んでいるわけね。米国はよく許しているなと思うが、ドルは決済通貨として用いられていることによって今の価値を維持している。使われなくなれば急速に価値を失う。これは単なるニュースではないよ。
スポンサーサイト