fc2ブログ

円安転換は本物か?

1971年のニクソンショック時のドル円は360円であった。2011年10月31日の75円まで40年間の長期に亘り円高は続いてきた。ドルの価値は円に対して40年で5分の1近くにまで下げていた。ここにきての円安転換は本物と言って良いのだろうか?日銀の政策転換を皮切りにじりじりと円安が進んでいるように見える。確かにこのままの状況が続くのなら年末までにはドル円90円突破は叶いそうである。しかし、私は米国の政策次第では再び円高の目は存在すると見ている。それにしても円安になったらなったでガソリンが上がるタイミングにバッチリ当たってしまうなんて運が悪いで片づけて良いのだろうかと思うがいかがだろう。
スポンサーサイト



ドルに代わるものはないが・・・



IMFが発表した2011年第4・四半期の世界の外貨準備に関するデータによると、内訳が判明している世界の外貨準備に占めるドルの比率は2011年第3・四半期の61.8%から62.1%に上昇した。一方、ユーロの占める割合は25.6%から25.0%に小幅低下した。世界の外貨準備は過去2年間増加傾向にあり、2011年第4・四半期には10兆2000億ドルに達した。中国など一部中銀は内訳を公表していないが、公表しないのには理由があろう。そのため精度はやや低い。だが現実問題、何か起こると結局ドルに頼ることになる。基軸通貨としてのドルに代わりうるものはない。それは事実である。