FC2ブログ

ようやく助走が終わったところ



金価格の動きもようやく助走が終わったところだと思っている。過去のDow/gold ratioのピークから12年やっと助走期間を終える。さらに過去に遡り、1966年Dow/gold ratioはピークを迎えていた。そして12年間の助走期間を得た後に大相場を形成する。まったく同じになるとは思っていないが綺麗に合う。
スポンサーサイト



先週の金価格

12月    London     NY(COMEX)
5日     1744.00     1723.20
6日     1708.00     1729.40
7日     1735.50     1743.10
8日     1715.00     1705.80
9日     1709.00     1711.30

*上がっていこうとしていたのを叩き落されたのは8日のロンドン時間とNY時間の狭間であった。下げはリースレートの動きに連動している可能性が高い。裏腹に現物の手配は日々難しくなっているようである。下値としての1700ドルは堅いと見る。

*金ETF残高1592.85トン(12/11現在)exchange-traded gold securities