FC2ブログ

日本国債格下げ

S&Pは日本国債の長期格付けを従来の「AA」から「AAマイナス」に1段階引き下げたと発表した。理由は言わずと知れた財政の悪化懸念である。いつかは来ると思っていたが、思ったより早かった。しかし、日本の格付けは本当にスペインよりも低いのだろうか?英国の格付けがAAAなのも???ではある。まるで日本人に対して日本国債ではなくて、米国債を買いなさいと言っているようなものだ。格付けは国債の販売に影響を与える。米国や英国などの国には格下げが出来ない理由はそこにある。欧米の金融機関が販売する米国債や英国債にはAAAの格付けがどうしても必要なのである。あれっ、どこかで聞いたことがある話しだな。そうそう毒物債券であるサブプライム債券と同じである。
スポンサーサイト