FC2ブログ

Forecast 2011の傾向は・・・

金価格予想も今年で3年目を迎えたということもあり、慣れてきた人も多いのかもしれない。真剣に当てにきているように思える。平均値にその傾向が出ている。高値の最高値は3000ドルだが、これは大きなイベントの発生を必要とする。2000ドル以上の予想にはそういった背景の必要性が存在する。最も低い高値は1550ドルであるが、これは感覚的にはほとんど上がってない感じになるかもしれない。恐らく今年は景気回復期待から上げ渋る1年になるとの見方だと思う。つまり今の状態が続くというもの。その中庸を行くのが平均値である1863ドルか?低値は上は1400ドル(これは外れてしまったが・・・)から下は1000ドルまである。下を1000ドルにするのも特別な理由があるように思うが、これは2番底時に一時的にここまで売り崩されると言うことか。次にaverageだが、結構ばらつきがある。上は2300ドルだが、これは相当強気である。1年を通じてほとんどが2000ドル以上を維持しなければならない。下は1350ドルでこれは去年とほとんど変わらない1年と言う事になる。振り返ってみるとかなり意見に違いがあることが理解できる。さて今年は誰が当てるのかな?恐らく正解はこの中にいるだろう。
スポンサーサイト