FC2ブログ

バブルか、インフレか

中国はインフレ抑制待ったなしの状況に追い込まれたようだ。預金準備率の引き上げに続いて利上げまで繰り出したが効果は今一つ。窓口指導にも限界があるのか。もとより中国の銀行の信用創造はケタ違いだから思い切った政策が必要なのは間違いない。年末にじわじわと人民元が上がり始めたのはもはや手段がなくなりつつあることを示している。今年の人民元は切り上がり始めるだろう。中国国内の金販売解禁も市中の人民元回収のため大手銀行が率先しているようにこれまでの信用創造を縮小化してインフレ抑制にシフトしている。本来なら国債販売で吸収するものだが中国人は紙切れを信用してないため金現物が好ましい。恐らく今年の中国の金輸入量は想像を超える量となる。バブルが崩壊するかインフレで潰れるかの瀬戸際なのかもしれない。
スポンサーサイト



金価格予想のポイントは・・・

多くの皆様のforecast2011へのご参加ありがとうございます。今年で3回目ということもあり、狙いに来ている人が多くなっているのかなとも思っています。まだ正確に集計していませんが、高値の大半は1600~1800ドルの間に位置しているようです。去年の30%上昇を参考にすると1850ドル辺りになりますが、やや低く予想している人が多いことになります。難しいのはイベントの有無で欧州の国でデフォルト等が起こった場合は上振れの可能性はあると思います。また、米国でのQE3等の連発は起こりうるし、ニ番底の発生はボラティリティを大きくする。世の中が比較的無事に過ぎていく場合の予想として1800ドル前後の予想は恐らく正解に近いと思います。平均値としては1500~1600ドルにするのはごく自然なことでしょう。それに対して高値を2000ドル以上に設定するのは例年通り勇気がいる。それは外す可能性があるからだが、根拠としては良くない事が起こることを設定しているのだろう。集計は今度の3連休まで待ってから行う予定です。