fc2ブログ

ドルの価値は今後も下がるだろうが・・・

指標は前後し市場はバタバタしているが、ドルの価値は今後も下げていくだろうことは容易に想像できる。世界の銀行システムは依然として不安定だ。それは未だにレバレッジ解消の問題を抱えているからだ。JPモルガンやゴールドマン・サックスの自己勘定取引部門の閉鎖はボルカールールに対する対応だけではなく、業界全てのレバレッジ解除が背景にあるからではないか?我々の知らないところで世界が大きく動こうとしているのかもしれない。そうした中でもドルは基軸通貨のままである可能性が高い。それはドルに変わる通貨が存在しないからだが、にも関わらず減価し続けてしまうのは債権国としては厳しいと言わざるを得ない。
スポンサーサイト



無難にこなした雇用統計

米失業率はけして良くはないが、ダウは驚いたことに好感して大きく上昇した。民間雇用が改善傾向にあるということからだろう。しかし、完全なる判断をさせてくれない状況が長く続く。ダウは切り替えしているが、不透明感が拭い去れないのによく上がるものだ。ゴールドは昨夜急落に見舞われていたが、朝起きてみるとこれまたかなりの部分を戻していた。これも不思議の1つ。また、JPモルガンに引き続きゴールドマン・サックスも自己勘定取引部門であるプリンシパル・ストラテジーズ事業の閉鎖を進めているようだ。両者ともボルカールールに対する対応であるが、裏ではどういう話し合いがなされているのか、そちらの方が問題かもしれない。