FC2ブログ

嵐の前の静けさか?

ゴールドは相変わらず米国時間に下げ始める。一筋縄ではいかないようだ。どうも上にも下にも大きくは動かないような気がしてきた。金ETFもなりを潜めている。いや少し減っているか。ここ最近は同じ辺りを行ったり来たりしているだけだから退屈で仕方がない。金価格はIMF金売却案の米議会通過にも大して反応してない。また、中国のドル下落発言からの金塊購入宣言にも反応は薄かった。あまりの反応の薄さにこれからなにか事件でも起こるのか?と思いたくもなる。ここ最近、中国の金発言が異常に多くなっているのには驚くが何故だろう?本来ならこんな事言わずに隠れて金を買っていくのが正しいはずだ。明らかに米国に対する牽制の意味が込められている。おかしな事をやったら米国債を売る準備が出来ているぞと言わんばかりだ。恐らく米国は何かをやろうとしているのだろう。やっぱり計画的破綻か?
スポンサーサイト