FC2ブログ

ダウはまだ上昇するのか?

今年に入って米国ではすでに45行の銀行が破綻している。今またカリフォルニア州が破綻の時を迎えようとしている。なのにダウはまだ上昇しようとしているのだろうか?能天気な気がして仕方がないのだが・・・。米個人消費が回復する見込みは当分ないだろう。失業率は何処まで上がっていくのか分からない。財政刺激策は殆ど効果が出ていないようだ。銀行に資金供給を行っても殆ど効果が出ていないし、大手銀の延命措置に他ならない。ここまでいくら使っただろうか?景気はまだ底を打っていないが、底を打つ前に資金が底をついてしまったら打つ手立てがなくなってしまう。この状態で世界から資金流入が起こるとは思えない。砂上の楼閣はいつかは幻と消える運命にある。
スポンサーサイト



先週の金価格

6月   London  NY(COMEX)
22日  919.25   922.60
23日  920.75   925.80
24日  933.50   932.10
25日  937.25   938.90
26日  942.00   939.00

*なんとか底打ちして反転し始めてくれた。しかし、上昇力は思ったほどではなくじわじわとしたものである。ダウがまだ粘っているのはネガティブだが、ドル安貴重なことはポジティブでそこそこの上昇をしそうだ。また、長期金利の上昇が止められた事から目先はもみあうことも想定される。まだ、急激な上昇はないだろう。