FC2ブログ

米国債が焦点か?

今週はやっぱり米長期債の入札が焦点だろうか。最終的にはFRBが引き受けて帳尻を合わせると思うが、長期金利は上げて行くと見ている。結果的にゴールドは上げざるを得ないように思えるが、ここはまたまた邪魔が入ることも想定しなければならない。しかし、この問題は今後も継続するものであるが、果たしてガイトナー米財務長官やオバマ大統領の中国、サウジアラビヤなどの訪問はどの程度実を結ぶのだろうか?このまま財政赤字が増加すると5年でGDPの100%の達すると言うが、そういった背景から米国債に対するシステミックリスクを指摘する意見も強くなってきた。オバマは財政赤字を半減させるというがとてもそんな状況ではない。もしやるというのならインフレを起こして価値を半減させるしか手段はないと思う。米財政赤字と米国債の問題は根が深い。
スポンサーサイト

先週の金価格

6月  London  NY(COMEX)
1日  981.75   974.60
2日  980.00   981.10
3日  976.75   962.60
4日  970.75   980.40
5日  962.00   954.60

*よくぞ980ドルまで上げてきたと思う。大きな動きがあるのはすべてロンドン時間からNY時間に掛けてである。先週は1000ドル到達の可能性が高いと思っていたが、3日と5日の大きな下落によって阻まれてしまった。明らかに阻止する動きが見て取れる。今週も目が離せないな。