FC2ブログ

崩れ落ちる帝国

米失業率は酷かったと思うが、気にもせず昨夜のダウは急騰していた。NYダウ8000ドルは防衛ラインと見た。ここが崩されると崩壊の危険があるのだと思う。しかし、米失業率は7.2%では収まりそうもない。どこまで落ちていくだろう。GDPもどこまで下がるか分からないし、ダウが今のレベルで持ちこたえていることが信じられない。今朝、書いた記事の最初のチャートを見て欲しい。本来ドルインデックスとS&P500はゴールドとは逆相関するはずなんだが、途中から動き方がちぐはぐになり始めている。今の現状はダウ8000ドルとドルを守るためにゴールドを900ドルレベルで必死に食い止めている状態と見る。果たして帝国の崩壊を止める事が出来るのだろうか?
スポンサーサイト

Gold/SPX ratio

lew1.jpg

上のチャートは見難いんですが、上からドルインデックス、S&P500、ゴールドです。それぞれの動きに関連があるのはご存知の通りと思います。

lew2.jpg

面白いのはこちらのほうです。ダウ・ゴールドレシオはよく目にしますが、Gold/SPX ratio というのは見慣れないと思います。この指数はすでに1.00を超えておりブリッシュのサインが出ています。このままいくと1980年時の水準(現在では)7510ドルに達する?