FC2ブログ

A株市場のバブルはこれからが本番?

中国証券登録決算会社の統計によると、2007年1月、中国のA株式市場の口座新規開設数は125万6,000口座となり、月間の口座新規開設数が初めて100万の大台を突破した。また他統計によると、2006年通年で、中国のA株式市場の口座新規開設数は308万3,000口座だが、2007年1月の中国のA株式市場の口座新規開設数は、既に前年通年の3分の1にも達している。

*最近、中国株はバブルだというニュースがよく目に付くようになったが、本当のバブルはこれから来るのではないだろうか。しかしゴールドラッシュを思わせる行動パターンである。こうなるといくとこまでいかないと収まらない。しばらくは過熱したままいくのかもしれない。
スポンサーサイト



進行する円安ドル高

10日G7が閉幕したが、円安については欧州諸国から再三の指摘があったが、ポールソンはことごとく受け流した。特に自動車産業からの懸念が根強いためである。ポールソンは米議会公聴会で円については「開かれた競争的な市場で、ファンダメンタルズに基づいて取引されている」とコメントしている。円はキャリートレードの対象となり続けるようだ。ということは今の円安はしばらく続くことになる。122~125円前後まで行くと言うのはいいセンかもしれない。米国としては2月の日銀利上げは見送らせたいのだと思う。