fc2ブログ

紫金鉱業、ミャンマーでニッケル鉱山開発

紫金鉱業は、ミャンマーで大型ニッケル鉱床を発見し、3年後に生産を開始すると発表した。同公司の陳 景河総経理の話しによると、中国国内のもう1社の鉱業公司とミャンマーで2004年から25万US$を投じ探査を行い、埋蔵量百万tで平均ニッケル品位1.3%のニッケル鉱床を発見した。

紫金鉱業は、資源探査分野に毎年資金を投入し、2005年には1.5億元の資源探査を実施している。原料不足問題は、依然として中国非鉄金属産業界の発展に影響を与えている。統計データによると、2006年の非鉄金属産品の輸入額は400億$で、対前年比で100億$増加した。そのうち、ニッケルの輸入額は34億$で前年同期比63%増加した。

*ニッケルは将来性はあると思うが、できれば金鉱採掘に特化して欲しいものである。
スポンサーサイト



動き出したか、商品相場

出張に言っている間にゴールドが大きく動き出していたようだ。原油まで上昇しだしている。非鉄金属まで、あの苦しんでいた銅まで底を打ったように見えるが、商品市況は反転したのだろうか。

ゴールドは655ドルのレジスタンスラインを突破できるかどうか、今日の動向は重要である。原油は今の状況で反発は考え難いが、商品としての原油は捨てられないと言うことか。銅も底打ちの兆しが見えてきた。供給不安というニュースが聞こえ始めたのは偶然か。

しかしNYダウもなぜか好調なのだが・・・。個別に見ると予想もできそうに見えるが全体で見ていくと辻褄が合わなくなる。ファンダメンタルで言えばNYダウよりも香港のほうが遥かに良い。現実は香港のほうが調整していてNYダウに遅れを取る展開。個人的には理解不能である。まあ、じっくり見ていこう。

ゴールドがこのまま上昇していくようだと紫金は上昇を始める。6.00HKDを目指す展開か?それから人寿が調整しているようだが、これは最後の買い場になりそう。ここで買わないともう買えないと思う。上げ始めると早い。