商品受難の年であった

今年1年、商品にとってはまことに受難の年であった。特に原油は悲惨の一語である。商品ファンドからの資金流出も過去最大規模だったようだ。確かに金ETFなども地盤沈下が激しかった。必ずしも現物の動きとは相関していない面もあるが、売り圧力としては大きかった。ものによっては事情がそれぞれ異なるとは思うが、総じて厳しい環境だったと言える。しかし、抜け切ったとなるとまた違った景色が見えてくることもあるかもね。来年はどういった動きになることだろう。

http://www.bloomberg.co.jp/news/123-O01I7Z6JTSEB01.html
スポンサーサイト

商品のスーパーサイクル終焉?

ゴールドマン・サックスは鉄鉱石や銅、北海ブレント原油などの商品の価格が向こう5年間に下落するとの見通しを示した。世界的な供給増が要因としている。商品のスーパーサイクルは終焉を迎えたとしている。バルチック指数は大きく下げてきている。モノの動きがかなり悪くなっている。銅消費の多くは中国だが景気は明らかに減速気味。また、重複担保の問題等もあり不透明。次に枯渇する金属は銅だとも言われており、将来的に供給が厳しくなるのは事実だが、目先は読みにくい。中国13億の民が食っていくためには資源、エネルギーの確保は至上命題である。先進国と同様の生活レベルをすべての国民が手に入れるには現在の資源エネルギー量では足らない。つまり新興国が経済成長を諦めれば商品価格は下落する。

http://www.bloomberg.co.jp/news/123-N8SHYD6S972E01.html

CRB指数を遡ると・・・

CRB-index-1200-2014_convert_20140429201948.png

CRB指数を遡ると商品価格は一度上がると下がることがないように見える。元々昔は商品価格は安定していた。商品価格には需要と供給も反映されるわけだが、その時代ごとの通貨システムが大きく関わっているとも言える。商品価格は安定させることも可能と思われるが、現在の不換紙幣システムでは制御することは非常に難しい。昔の安定した状態に戻すのは不可能とも思える。

CRB指数も6月が底だったかな



CRB指数で見ても6月が底だったような動きに見える。しかも直近の買われ方が強い。景気的には悪くなっているのに反発の仕方が強い。明らかに緩和方向を示唆しているか?

LME争奪戦

商品市場の争奪戦が始まっている。ちょっと前にNYSEユーロネクストとドイツ証券取引所の経営統合の話があったが、欧州当局が経営統合を承認しなかったために立ち消えた。今回は香港取引所が商品取引への進出を狙い、世界最大の金属先物取引所であるロンドン金属取引所(LME)に買収を提案したと言うもの。だが、複数から買収提案がなされており、競争が激化しそうだ。名前が挙がっているのはCMEグループやNYSEユーロネクスト、インターコンチネンタル・エクスチェンジなどである。出来たら香港に落ちて欲しいと願っているのは私だけだろうか?

影響力を増す上海先物取引所

このたびHSBCは上海先物取引所の会員資格を与えられることになった。これは中国で最初の外国銀行として取引を開始することになるらしい。中国の4大商業銀行(工商銀行、建設銀行、中国銀行、農業銀行)は2009年4月に商品市場での取引を規制当局から承認を与えられた。中国の商品取引所でのコモディティデリバティブのボリュームは拡大しており、アクセスを熱望する声は多いと言う。当然不当な空売り筋は承認を得られないだろう。今回承認を受けたHSBCは臭い筋ではあるが、意味合いが異なるのだろう。

デフォルトと騒ぐが・・・



米国の債務上限引き上げ問題であるが、個人的には今回は乗り切るのではないかとも思っている。恐慌はデフレでとのコメントがあったが、銅価格の上昇を見ていると市場はインフレ予想をしているように見える。つまり米国は今回の局面を切り抜けてQE3に突入すると見ているのではないだろうか?その後、ユーロ圏で何かしでかすというシナリオか?

次のシルバーは・・・



この1年で見た場合のシルバーの躍進は目を見張るものがある。ぶっ飛んでいる。と思っていたが、匹敵する商品があったんだな。こうして見ると周りが騒ぐわりにはゴールドなんて屁みたいなものだ。銅も大人しく見えてしまうとはね。次のシルバーになるのは何だと思います?

ここまで来た銅価格



3ヶ月ものは10000ドルに到達したと言うことで騒がれている銅価格。今年は需給バランスが崩れ44.4万トンの不足になると伝えられているが、この調子で行けるのか?

CRB指数は堅調だが・・・



CRB指数、どう見ても悪くないよな。QE2のお陰で株高、商品高で良いのだが、ゴールドだけはよろしくない。ドルも落ちそうな感じだし、ソブリンリスクも解決にはまだ早い。エジプトデモも飛び出して来て金相場的には悪くないのだが、どうにもいただけない。このボックス的燻りは長いのかな?個人的には強気で行きたいが・・・。