FC2ブログ

そして緊急事態宣言

いよいよ明日、緊急事態宣言がなされるらしい。1週間ちょっと遅かったかな。これ以上遅れると危ないなと言うギリギリまで待った感じですかね。地域は東京、埼玉、千葉、神奈川、大阪、兵庫、福岡が対象となるようだ。愛知は外れた。良かったのか悪かったのか。実施期間が1ヶ月程度だからこれらの地域のGWは潰される。もう少し早くやれば良いのにね。先月の3連休ぐらいからやっていれば2Wぐらいで済んだかもしれない。やっぱり判断の遅さは痛いな。
スポンサーサイト



春の風は生暖かい

暖かい1日だった。桜がきれいに咲いていた。せっかくの桜も見に行くのさえ気が引ける。今週が一番の見ごろなのにね。誰に聞いても景気は悪いと言うし、先が見えずらいというのは良くない。日本にとっての今の唯一はコロナをよく抑え込んでいるというところだったが、それもいよいよ怪しくなってきた。

コロナの尻ぬぐいにかかるコスト

コロナ後の世界は雲行きが怪しい。コロナで受けた経済的損失はちょっと考えたくない。メディアではすでに真水を投入せよなど大胆な提案が出ている。これは日本だけではなく世界中で言われていることである。日本に関して言うともうこれ以上の膨大な金額は将来的に負担することは不可能である。米国も同様であるが、すでに金額が天文学的ですらあるところまで行ってしまう。これはもうなかったことにするしかないが、どうするのだろう?

イタリアの破綻はあるか?

まさかのまさかだが、コロナが引き金となっての国家破綻は起こるだろうか?イタリアは少々危うくなってきた。ECBはちゃんと面倒をみるのだろうか?また、前回のリーマンの時と同様に無難にこなせるだろうか。今回はギリシャは目立たないが、スペインも酷い状況だ。ECBは手が回るかな。コロナ後の世界はかなり見え方が変わりそうだ。

GWが心配になってきた

予定ではコロナの感染ピークは山を越えて減り始めなければいけない。日本は感染のピークを後ろにずらしてやり過ごす作戦だった。ところが感染者数が増え始めてきた。少々予定が崩れる。このままではGWに影響が出るやもしれない。さあ、どうする。旅行業界、飲食業界ともに大きな影響が出ているが、GWまでいったら死活問題。

揺らぐ首都機能

東京のコロナ感染者数の増加が止まらない。やっぱり人が多すぎるのだろうか。止められないとなるとインフルエンザのように一定水準感染が終わらないと止まらない。それとも強制的に止めに入るのか?だが、やるのなら早くしないと効果的ではなくなる。決断するのなら来週からすぐにだ。

そろそろ経済の停滞の方が気になりだす

思いのほかコロナの終息が長引いている。こうなると終息よりも経済の停滞の方が気になり始める。中国の工場が稼働を始めているというが、まだ実感がわいてこない。一月遅れの日本は一月遅れでついていけるのか怪しくなってきた。感染のピークをずらしたのは良いが、中途半端な形になるのはよろしくない。4月は感染者が減り始めないと5月のGWはピンチになる。さあ、どうする?

首都封鎖はあるか

首都封鎖はあるか?ここにきてコロナ感染者が増え始めてきた。もちろん一部の大都市に限定される。特に東京の感染者増が目につく。本社機能が東京にある企業が多い中、もし首都封鎖(ロックダウン)が実施された場合の影響は計り知れない。2週間前の対応の何が良くなかったのか振り返るべきだが、ウイルスの逆輸入が起こってしまったのも痛い。後半、気が緩んでしまったのだろうとは思うが悔やまれる。今なら最悪2週間の封鎖でウォッシュアウトすることは可能か?しかし、簡単ではない。

危機の深度が深くなる理由

過剰流動性。無駄な通貨を刷れば刷るほど余計なことに使われる。要するに投資銀行やファンドに回る資金が増えるだけで危機が発生した時に動くマネー量が年を追うごとに多くなる。それは世界同時株安の引き金になる。そのたびに金融緩和が再び起こる。根本的な問題の解決はなされず資金だけが供給される。これが危機のたびに深度が深くなる理由である。そして今回は・・・。

3連休だが・・・

年寄りに3連休はありがたい。その3連休だが、大阪⇔兵庫間は不要不急の用事がなければ移動は慎んでほしいとか言っている。凄いね。あんまり聞いたことがないが致し方ないか。ここまで日本はよくやっている。感染が大きくならなかったのは日本人の国民性によるところが大きいが、もう一息というところまでは来ている。すべてのルートを把握し、遮断する。そこから自由に動き出す人は限られている。上手くコントロール出来ている。ここを乗り越えると減り始めるポイントを迎えることができる。その分岐点に近づいている。