本題に戻りたいのだが・・・

ついつい仮想通貨に脱線してしまう。世に出回る記事は仮想通貨が多いし、話題性も高い。また仮想通貨がどうなるのかで通貨そのものにまで影響してくる。まさかこうなってくるとはね。現在の仮想通貨は賭博場と化しているが、それを好む者はいる。だが、ロイヤルミントゴールドの登場により、立ち位置が少し変わってきたと言える。仮想通貨にも一般的な市民権が得られる可能性が出てきたことになる。この辺でそろそろ本題に入らないといけないね。
スポンサーサイト

最初に買った人が・・・

仮想通貨に人が群がるのはなぜか?実体のないものに人が群がるのは奇妙だ。最も通貨にも実体はないが。そう考えると人は実体のないものを好むのかもしれない。仮想通貨は受け入れる人がいなくなれば存在価値はゼロになる。だが、不思議なことに受け入れる人が増えていく。そうなると高騰していくことになり、人が人を呼ぶ。なんかねずみ講のような感じがしてくる。最初に買った人が一番儲かって、次から入ってきた順にまた儲かる。これが続く限り安泰だ。実態がないから皆が必要と思わなくなったら価値は消える。やっぱり恐ろしいな。ロイヤルミント・ゴールドは金の裏付けがあるから価値がゼロになることはない。よく考えたものだな。仮想通貨の欠点が消える。

株が怪しくなったがゴールドは・・・

株は怪しくなってきたが、まだはっきりとは言い切れない。しかし、ゴールドは相変わらずのヨコヨコの動き。どっちにでも動けるポジションとは絶妙といえば絶妙な感じがする。この辺りからは株の行く末はまったくわからない。政府は明らかに株価擁護主義である。株価崩落は現政権崩落の時である。

日経は一息つくか?

日経はこの辺で一息つかないと息切れするな。まあ、少し調整した方がクリスマスラリーは自然に見える。このまま続いたら完全にバブルの臭いがしてしまう。調整した方が取り込みやすいだろう。しかし、今回の仕掛けのボスは誰なんだろうね。

詐欺がまかり通る世

最近、迷惑メールがよく来るようになった。身に覚えのない注文メールや支払い催促メールである。間違ってクリックしそうになるときがある。しかし、これが商売になってるんだろうね。嫌な世の中だなと思うが、そういう世界にしてしまった我々にも責任はある。真っ当に働いて食っていける世にしなければならないということだな。悪いことをする奴が増えるのは普通に食っていきにくい社会構造になっていることも原因である。

このレンジは落ち着くのか?

どうもこのレンジは落ち着くのか動く気配がない。そう言いえば落ちて行くと言ってた人もいたな。年末に向けて落ちていくのは勘弁して欲しいものである。株が行きそうだから下落のリスクがついて回るのは確かだ。しかし、年末が近づくと忙しくなるのは困りものだな。体力は年を追うごとに落ちていく。年末はしんどいのだ。

バブル期と今は何が違う?

バブル当時は本当に楽しかった。お金を使うことに躊躇がなかった。今、思い返せばあの頃しっかり儲けておくべきだったなと。しかし、日経の調子はよろしい。いったい、あの頃と今は何が違うのか?現在はお金を使うことに躊躇と節約の精神があるな。やっぱり先のことを考える人が増えた。年寄りもカネを握りしめているが、企業も同様である。それがお金の回りを悪くして閉塞感が出ている。もう一つ違うのはマネーの量が各段に増えている。世界的な緩和マネーは溢れかえっている。庶民の手にはないが、動かせる金はある。庶民が楽しめるバブルと楽しめないバブルとでも言おうか。

北朝鮮後が問題だが・・・

北朝鮮後こそが問題だと思っているんだが、その北朝鮮が遅々として進んでいかない。景気はなんだか良いのかなという雰囲気だけ出てきていてほんわかとしている。実際はそうでもないと思うが、株ラリーに花を添えている。クリスマスラリーが決定的になりそうな中でゴールドは耐え忍ばなければならない。なかなか大変である。

人事効果から・・・

3連休ということもあり、愛知に帰ってきています。今日は用事があって京都まで往復しなければならなくなりました。どうも今日とは大混雑のようですね。トホホホホです。

パウエル人事は好感されたようでダウはやっぱり好調が続きそうだ。これはクリスマスラリーになるね。と言うことはゴールドはシブちんで堪えながら現状を維持して越冬か?

トランプらしくない選択

次期FRB議長はパウエル氏になりそうだが、トランプらしくない選択である。基本的にイエレンにかなり近い考えからで現状からの極端な乖離はまずない。つまり安定志向とも言え、大きな変革はない。実にトランプらしくない。禁輸政策は極めて緩やかなものになって行くと見られ株式市場も安心感が出てこよう。金利に上昇も緩やかなものになるだろうし波乱はなさそうだ。実にトランプらしくない。