先週の金価格

8月   London   NY(COMEX)
14日  1282.30   1281.60
15日  1270.30   1271.10
16日  1272.75   1282.80
17日  1285.15   1287.50
18日  1295.80   1284.20

*一度1300ドルに達したんですが尻すぼまりで終わっています。冷静に考えれば横ばいだったのかもしれません。やや不自然さが残る1週間でした。この辺りで落ち着いていたいかのようですね。金ETFは12.43トン増えてますから反転の兆しありではある。

*金ETF残高1135.57トン(8/20現在)exchange-traded gold securities
スポンサーサイト

伸び悩むゴールド

どうもゴールドは伸び悩んでますね。落ちていく感じはないが、頭打ち感が非常に強い。今の水準の居心地が良さげで停滞しそうだ。地政学的リスクの上昇で1400ドルへとか言ってた人もいたが、ややテンションが下がってきた。だが、まだそう決まったわけではないのでもう少し見ていきたい。

先週の金価格

8月   London   NY(COMEX)
7日   1258.00   1257.30
8日   1261.80   1260.70
9日   1271.05   1276.90
10日   1284.40   1285.80
11日   1286.10   1288.70

*じわじわ上がって来た1週間です。北朝鮮問題にかぶるのでどこまで影響したのかは分かりづらい。今週は1300ドルチャレンジになります。金ETFはわずかに減ってますが、微減と言ったとこか。増えないといけないとこではあるが・・・。

*金ETF残高1123.15トン(8/13現在)exchange-traded gold securities

戦争リスクをどこまで織り込んだのか?

あくまでもそこそこと言うレベルであるが金価格は戦争リスクをどこまで織り込んでいるのか?織り込むと言ってもわずか数十ドル程度でしかないが。勘違いしてはいけないのは現状であってもボックスの範囲内でしかないということだ。今後のシナリオはこの状態が果てしなく続いていいく場合とちょっとしたきっかけで戦闘状態に突入するケース。恐らくお互いに引き下がることは難しいように思える。状態継続の場合の期限は北朝鮮が大陸間弾道弾の開発が終了するまでの間か?

講演会のご案内

タイトル的に面白うそうなんだが、行けないので案内掲示しておきます。亀井さんの講演会です。私も聞きたいんですが、日程的にも場所的にも難しいので行ける人は是非参加してきてください。コメントもお忘れなくね。

「転機を迎えるカネ余り環境」
(株・ドル・金価格の今後)

http://blog.goo.ne.jp/msi021112/e/deb992ee80f4a07cd9049f6a62456369

先週の金価格

7月   London   NY(COMEX)
31日  1267.55   1268.80
8月
1日   1270.95   1268.20
2日   1269.60   1266.20
3日   1268.10   1267.90
4日   1257.70   1258.40

*伸び悩んだ1週間でした。最後に落ちましたから後味が非常に悪い。金ETFは4.73トンの減少でこちらもよろしくありません。落ちていくのか踏みとどまるのか要注意の1週間。

*金ETF残高1123.43トン(8/6現在)exchange-traded gold securities

足が止まるか

1300ドルが近づくにつれて足が止まり始める。不思議な光景をいつも見せられる。そして反復を繰り返すのがこれまでのパターンであった。今回はどうだろうか?雰囲気的には踏襲しそうな感じがしている。だが、周辺の細かなところでは目につくことも起こってはいる。果たして暑いさなかに大きく動くだろうか?

先週の金価格

7月   London   NY(COMEX)
24日  1255.55   1255.00
25日  1254.40   1249.60
26日  1248.10   1260.10
27日  1261.10   1258.60
28日  1264.90   1269.10

*地味に上げてきています。一応底打ち反転の形を取っているように見えます。ただ、何回も辿っている道ですから何度目の正直になるのでしょうね。金ETFは21.88トン減少と動きが大きいが、金価格とは逆相関と不思議な感じです。現受けしているのなら意味は大きい。

*金ETF残高1128.16トン(7/30現在)exchange-traded gold securities

週末に上がると・・・

先週に引き続き週末に上げて終わるパターンが続いた。今週1週間はややもっさりした動きであまり明確でなかったこともあり、上がるという感じには乏しかった。そこに来て週末一段階上がるというのは不意打ちに等しい。日本に住んでいる以上手も足も出せない。なんとなく如何わしいことが起こっているのではないかと勘繰りたくなってきた。そろそろ1300ドルが近づいて来たこともあり、今後の行方が気になり始めるレベルではあるね。

地味な週明け

思ったより地味な週明けでしたね。この調子だと1300ドル抜けはだいぶ先のことか?これはショートを抱えている感じの動きではないな。しかし、今日も暑かったな。減量中のせいか疲れが取れにくくなっている。少しは栄養をつけないといけないかな。