ストンと落ちるのが特徴だが・・・

20170626.gif

まあ、確かにジグザグしながら切りあがっては来ているが、雰囲気的には上がってる感じがしてこない。そういう意味では絶妙といえる。やっぱり去年底打ちしたとみて良いのでしょうね。
スポンサーサイト

先週の金価格

6月   London   NY(COMEX)
19日  1248.15   1243.60
20日  1242.20   1242.60
21日  1242.50   1246.30
22日  1250.80   1250.00
23日  1255.70   1256.60

*上向きになった1週間ですが、1300ドルを突破する力があるのかは難しい感じがしてます。金ETF2.67トン減少しており、方向感ははっきりしていないと見られる。

*金ETF残高1187.30トン(6/25現在)exchange-traded gold securities

先週の金価格

6月   London   NY(COMEX)
12日  1266.40   1265.50
13日  1262.00   1266.10
14日  1275.50   1260.10
15日  1254.55   1253.70
16日  1255.40   1253.40

*利上げは織り込んでいなかったのか、どうも停滞しそうな感じですね。資産圧縮示唆の影響でしょうか?金ETFは13トンちょっと減ってます。マナーの良い買いではなかったようですね。横ばいを予想。

*金ETF残高1189.97トン(6/18現在)exchange-traded gold securities

先週の金価格

6月   London   NY(COMEX)
5日   1279.95   1279.30
6日   1293.50   1293.60
7日   1291.00   1286.80
8日   1273.10   1277.60
9日   1266.55   1266.40

*1300ドル手前で失速。またか、と言う感じですね。同じことの繰り返しですが、何かが変わってきているはずです。金ETF16トンの増加と跳ね上がっている。要注目。

*金ETF残高1203.28トン(6/11現在)exchange-traded gold securities

上抜けできないジレンマ

どうも丁度良いところでいつも売りが出ますね。結局、同じところを辿っているだけで前に進まない。単に利上げとかドル高とかでは片付けられない何かがあるようだ。だが、買う方にとってはありがたい価格とは言える。今回もまた抜け出すきっかけを失ってしまったのかな。

ゴールドの保管庫ブーム?

欧州では金保管庫ブームだとか。インフレ対策と言っているが違うな。欧州はユーロ導入の時にもゴタゴタした。今度はユーロの維持事態に怪しさが出てきた。金ブームって言われるとやっぱり通貨の問題を感じ取ってしまう。金価格に対して中央銀行が目を光らせるのも当然だわな。しかし、その割には金価格は急騰すらしていない。やっぱりおかしな力が働いているのだろうね。

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-06-07/OR5LOY6JTSEA01

迫る1300ドル

1300ドルが迫ってきてしまった。あんなにヨコヨコだと言っているのにね。本当にゴールドは天邪鬼だ事。まあ、今晩、越えていかないといけないんでしょうね。しかし、このまま伸びていくということは株もそろそろ崩れてこないといけないことになる。特にダウだよね。

先週の金価格

5月   London   NY(COMEX)
29日          
30日  1262.70   1262.80
31日  1266.20   1268.60
6月
1日   1264.85   1265.40
2日   1274.95   1278.50

*最後に上げて終わりましたが、雇用統計絡みの動きは下げ足も速い場合があって何とも言えません。今週継続して1300ドルを超えられれば一気に強気転換もあると思いますが、いずれにせよ様子見が続きます。金ETFは3.5トンぐらい増えています。

*金ETF残高1187.28トン(6/4現在)exchange-traded gold securities

雇用統計から離脱できない

雇用統計がやや減速気味で利上げが遠のいたと言うことでゴールドが強含んだ。どうにもこの環境からの離脱が出来ないでいる。個人的には米景気減速は近づいており利上げの伸びしろを作るためにFRBは利上げはせざるを得ないと見ている。となると昨夜上げた分は利上げ時に下げるのかな。どうもデキレースの様相と化しているように思うが・・・。

ゴールドを狭い範囲に固定する必要

ゴールドが依然として狭い範囲に固定される様は何かあると思いたくなってくる。まあ、我々一般市民には知る由もないことかもしれない。今日はちょっと依頼ごとがあります。下記リンクにて勉強会の実施案内がありますが、東京近郊の人で行けそうな方がいたらどうでしょうかね。タイトルが気になってます。

「黄金の国ジパングが、『世界の警察官』米国を再生、ドルを兌換紙幣化する」
~トランブ大統領は、キッシンジャー博士の指南で「金本位制」に戻す

http://blog.goo.ne.jp/itagaki-eiken