身動き取れず

昨日の試合は良かったですね。久しぶりに爽快でした。相場の方は重たい展開が続いている。ゴールドは落とされたままで身動きが取れない様子。金鉱株も同様でよろしくない。こういう時は潰しに弱い。出来ればゆっくりとワールドカップを見たいものである。
スポンサーサイト

先週の金価格

6月   London   NY(COMEX)
11日  1299.60   1300.00
12日  1298.65   1295.20
13日  1296.15   1298.80
14日  1302.75   1301.90
15日  1285.25   1278.90

*週末下げてしまいましたね。予想しずらくなりましたが、依然ボックスが続くと見ています。金ETFには動きなし。振り出しに戻ったか?

*金ETF残高1130.71トン(6/17現在)exchange-traded gold securities

グダグタから落とされる

FOMC後の上昇のように見えましたが、落とされてしまいました。これでまたしばらくグズつきそうな気がしてきた。もう一声で上昇トレンドだったんですがね。落とされてグダグダしているところを更に落とされたという展開。ガタガタ崩れていく形は想定していないが、振り出しに戻された感じ。疲れるね。

再びグダグダ

あまり持ちませんね。ゴールドは再びグダグダに。ここ最近のゴールドは通貨的な側面を見せることが多い。よって動き方もそれに倣っているようだ。ECBは表現の仕方がFRBよりも曖昧ですね。どことなく自信のなさが伺える気がするのは気のせいか?量的緩和からは離脱する。来年の夏ごろにかけて利上げはする。これで行けるのか?合従連衡ってのはもろいからね。

まさかの反転

FOMCでは利上げが決定すると同時にそのペースも加速すると言っている。ゴールドは落ちなかった。いや、どうも反転しそうな感じにさえなっている。すべて出尽くしての反転か?それとも将来のリスクに対しての反応か?いずれにしても景色が変わってくる可能性が出てきた。1400ドルまで気を抜かずに行きましょう。

先週の金価格

6月   London   NY(COMEX)
4日   1295.45   1291.50
5日   1292.05   1295.80
6日   1300.10   1295.90
7日   1297.25   1296.80
8日   1298.25   1299.00

*ボルトで固定されたように動かない感じがする。金ETFは7.66トンの減少と減速が続いている。相場はネガティブ要因も想定しているようだ。今週も要注意状態が続く。

*金ETF残高1130.71トン(06/10現在)exchange-traded gold securities

1400ドル予想が出てきた

1400ドル予想が出てきてますね。概ねここのメンバーの見方と同じような感じだ。ドル高圧力で苦しめられてきたゴールドだが、先々の利上げの終了と共にゴールドは反攻に転ずる。個人的には年内を期待したいのだが・・・。

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-06-04/P9RY226TTDS001

先週の金価格

5月   London   NY(COMEX)
28日          1297.20
29日  1295.50   1298.40
30日  1300.70   1300.90
31日  1305.35   1297.90
6月
1日   1294.60   1293.10

*1300ドルを挟んだ微妙な動きは続く。ドル高圧力が抜けきらないですね。金ETFは12.09トンの減少と大幅に減っています。その割に落ちていないとも言えますが、今週もこの状態が続くか・・・。

*金ETF残高1138.37トン(6/03現在)exchange-traded gold securities

続くドル高

雇用統計が良かったとかでドル高が相変わらず続いている。ゴールドは引き続きドル高圧力にさらされている。よく凌いでいるが、この1300ドル近辺に張り付けられたまま動けないでいる。かなり狭いレンジでの取引が続くが、眠たくならないようにしたい。輸出重視ならドル安でしょトランプさん。ちゃぶ台返しに要注意か。

落ちなさそうにはなってきたが・・・

1300ドルを挟んだ動きが続くが、落ちなさそうな感じにはなってきた。しかし、ドル高の中、よく1300ドルを維持してこれたなとは思う。今日で5月も終わるが、明日から6月、もう今年も半分になるのか。早いものだね。もしこのドル高の中でハッキリとした反転が確認されるようだと本当に強いことになる。見てみたいものだね。