fc2ブログ

疑問の多い中国株だが

当局による規制に疑問の残る中国株だが、反発しつつある。テンセントやアリババは割安と思うが、なかなか手が出ない。しかし、私は中国株は戻していくと見ている。中国国内の不動産投資に向かっていたマネーの多くは株式市場に入ると見ている。結果的に米株と同様の状態になるのではないかとみている。良い悪いは別にして外国人主体ではなく中国人主体のマーケットになると思うが、いかがかな?
スポンサーサイト



政策に沈む中国株

中国株の下落が凄い。インターネット株は価値評価が難しくなった。それに巻き込まれて多くの株も下落している。この世界において株式市場から資金調達する重要性は計り知れない。それを手放すとは思えないが、それを置いても究極の独占禁止企業である中国共産党の影響力を阻むものは捨て置けない。で、どうするつもりよ!

チャイナモバイルを売却

今年の1月に買ったばかりだが、チャイナモバイルを売却した。15%程度の利益が出ているのと配当を一回分もらっている。取りあえずまずまずか。今回はテーパリング移行時の暴落に備えて現金化した。紫金の配当とともにキャッシュポジションを確保。ショート用の資金とする。

上昇機運の香港と燻るゴールド

かなり複雑な心境。活気づく香港市場をよそに燻り続けるゴールドの組み合わせ。何とも勿体ない。ハンセン指数はブレイクアウトした。これからダウ並みに上昇していきそうである。本土からの資金流入はやっぱり大きい。バブル化しやすい市場だけに惜しい。もし、ゴールドがブレークアウトした状態だったら相乗効果が生まれて恐ろしいことになっていた。残念と言えば残念である。まだ、チャンスはあるが・・・。

怪我の功名だが・・・

香港株の勢いが凄い。中国本土の投資家が香港株に猛烈な買いを入れている。1月だけで約3兆円近い香港株を買っているらしい。こいつは弾けるまで止まらない可能性を秘めている。さあ、どうする?

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2021-01-21/QN9H6FT1UM5201

科創板は信頼できるか?

随分と急なスタートであったが、中国版ナスダック科創板は動きだした。株価の動きはかなり急激で儲かりそうなオーラを出している。しかし、赤字企業でもOKとか。値幅制限が甘かったり、基準が異なる。上手く行けば良いのだろうが、きな臭さはある。手っ取り早く儲けたい向きには良いのかもしれないが、ケガをしない程度にするべきだろう。資金集めには成功しているんだろうな。

上海株暴落は・・・

上海株暴落は何が原因だったのだろうか?突然の動きで正確にはわからない。しかし、大量保有株主に半年間の売却禁止措置を取るとは驚いた。要するに株式の大量保有者が上海株バブルの頃合を見てそろそろ潮時だとみなし、またぞろ売却し始めていたということか。それが原因であれよあれよという間に大暴落を演じた。少なくとも当局はそう判断したのだろうか?ちょうど良いガス抜きになったとは思うが、やり方が市場原理導入の方針に疑問を投げかけることとなった。振り出しに戻ったかな?

上海株の崩れは・・・

ここに来て上海株の崩れが激しい。バブルだったと言えばそれまでだが、取り上げたところでいきなりこけ始めたので驚いている。これは崩壊の始まりなのだろうか?個人的には遅ろく上海株は遠くない将来モルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナル(MSCI)に採用されるのだろうと思った。だが、現在の水準では買えないと言うことなのだろう。適正な水準まで下げたところでMSCI採用になると見た。

上海株は正真正銘のバブルだが・・・

世の中にはいろいろなバブルがある。バブルなのにバブルとは気がつかないバブルもある。信用バブルとか、国債バブルがそうだ。しかし、目に見えてバブルなのに怯みもしないバブルがある。それが現在の上海株バブルだ。これはちょっと凄いぞ。上海株指数はこの半年で約2倍に跳ね上がっており、過熱感満載だが怯まない。個人的に言えば上昇前の2400で十分だと思う。だが、勢いが半端ない。あと半年このペースが続いたら驚くがありえないことではない。恐ろしいのは直通車が開通している関係で香港が同じレベルのバブルに突入する可能性があることである。すでに現状でも過熱感があるが、上海と比べるとかなりぬるい。まさかとは思うが、同じ馬力で走り出したら凄いことになるな。どうなることやら。

昔を思い出す中国株バブル

昔の中国株バブルの時はどの銘柄を買っても儲かった。自分は投資の天才ではないかと錯覚するほどだった。今の中国株のバブル度はまさにその当時に似ている。ある意味、中国株は他国の株式とは異なる。完全に自由化されていないところから噴き出してくるマネーに取り込まれているため外の世界のバブルとは異なっている。今までの常識が通用しない世界とも言えるのである。それだけにバブルの大きさと深さがわからない。香港も戸惑っていると言える。ここは元々ショート筋の投資家は多い。ブローカーは困っているんじゃなかろうか。出来高のわりに上がりの小さい銘柄は混乱しているように思える。当たり前のように毎日10%以上上がっていたら神経はおかしくなる。ショートが完全に破壊されたら面白いとは思う。