FC2ブログ

そして緊急事態宣言

いよいよ明日、緊急事態宣言がなされるらしい。1週間ちょっと遅かったかな。これ以上遅れると危ないなと言うギリギリまで待った感じですかね。地域は東京、埼玉、千葉、神奈川、大阪、兵庫、福岡が対象となるようだ。愛知は外れた。良かったのか悪かったのか。実施期間が1ヶ月程度だからこれらの地域のGWは潰される。もう少し早くやれば良いのにね。先月の3連休ぐらいからやっていれば2Wぐらいで済んだかもしれない。やっぱり判断の遅さは痛いな。
スポンサーサイト



先週の金価格

3月   London   NY(COMEX)
30日  1618.30   1623.40
31日  1608.95   1577.10
4月
1日   1576.55   1593.40
2日   1616.80   1610.20
3日   1613.10   1621.80

*一回落ちましたが切り返してます。つかの間の1600ドル割れとなるか?金ETF残高も14.33トン増と上昇に備える構え。

*金ETF残高1280.94トン(04/05現在)exchange-traded gold securities

春の風は生暖かい

暖かい1日だった。桜がきれいに咲いていた。せっかくの桜も見に行くのさえ気が引ける。今週が一番の見ごろなのにね。誰に聞いても景気は悪いと言うし、先が見えずらいというのは良くない。日本にとっての今の唯一はコロナをよく抑え込んでいるというところだったが、それもいよいよ怪しくなってきた。

コロナの尻ぬぐいにかかるコスト

コロナ後の世界は雲行きが怪しい。コロナで受けた経済的損失はちょっと考えたくない。メディアではすでに真水を投入せよなど大胆な提案が出ている。これは日本だけではなく世界中で言われていることである。日本に関して言うともうこれ以上の膨大な金額は将来的に負担することは不可能である。米国も同様であるが、すでに金額が天文学的ですらあるところまで行ってしまう。これはもうなかったことにするしかないが、どうするのだろう?

イタリアの破綻はあるか?

まさかのまさかだが、コロナが引き金となっての国家破綻は起こるだろうか?イタリアは少々危うくなってきた。ECBはちゃんと面倒をみるのだろうか?また、前回のリーマンの時と同様に無難にこなせるだろうか。今回はギリシャは目立たないが、スペインも酷い状況だ。ECBは手が回るかな。コロナ後の世界はかなり見え方が変わりそうだ。

弱含む中に迷いを感じる

ゴールドも少し足元が緩んできた。弱含む中に迷いが見て取れる。金鉱株も強気になり切れず足が止まる。はっきりしすぎても困る相場ではある。気が付けばはや4月である。もう3か月が過ぎたのか。コロナ冷めやらぬ春は居心地が良くない。そろそろ違った景色が見たいものである。

方向感はイマイチ

戻してきたと思っていたゴールドも方向感がはっきりしないでいる。3月も今日で終わる。あっという間の1か月だった。まさにコロナ騒動の中で3月を終えた。何もかもがはっきりしないせいか相場は膠着化の様相を呈しつつある。停車時間は長くなるのかな?

GWが心配になってきた

予定ではコロナの感染ピークは山を越えて減り始めなければいけない。日本は感染のピークを後ろにずらしてやり過ごす作戦だった。ところが感染者数が増え始めてきた。少々予定が崩れる。このままではGWに影響が出るやもしれない。さあ、どうする。旅行業界、飲食業界ともに大きな影響が出ているが、GWまでいったら死活問題。

先週の金価格

3月   London   NY(COMEX)
23日  1525.40   1551.20
24日  1605.75   1636.00
25日  1605.45   1612.90
26日  1634.80   1624.50
27日  1617.30   1628.00

*当面の収まりどころに収まってきたと言って良いんでしょうかね。そうなると上に行く場合はかなり上ということになるが。金ETFは56.44トン増と大幅に買われている。ちょっと異常。これだけ買われてこれぐらいしか上がらないのも???だが。

*金ETF残高1266.61トン(03/29現在)exchange-traded gold securities

揺らぐ首都機能

東京のコロナ感染者数の増加が止まらない。やっぱり人が多すぎるのだろうか。止められないとなるとインフルエンザのように一定水準感染が終わらないと止まらない。それとも強制的に止めに入るのか?だが、やるのなら早くしないと効果的ではなくなる。決断するのなら来週からすぐにだ。