ボックスをどちらへ抜けるか?

GWがスタートしたと言うのにゴールドの方は一向に渋い動きから抜け出せないでいる。私はもうしばらくヨコヨコの見通しなのだが、さすがにつまらないよね。上がったり下がったりしていても一定の範囲に収まっておりボックスの範囲である。上に抜けるか下に抜けるかが最大の問題である。来週のその動きが出るのだろうか?

私の方は本日無事に愛知入りしております。長距離の移動で体が悲鳴を上げております。年は取りたくありませんね。
スポンサーサイト

明日から休みに入ります

明日からお休みに入ります。ということで明日から愛知にいます。5月7日に広島に戻ってくる予定でいます。最近、腰の調子が悪くバンテリンサポーターのお世話になっています。長距離ドライブがやや心配です。あと問題なのは休み中にミサイルが飛んでくるのだけはやめて欲しいものですね。

基本的に米国は仕掛けると考えるが・・・

すっかり安心感が広がりつつある金融市場であるが果たしてそうなんだろうか?あそこまで挑発されたら最近の米国であれば先制攻撃をしているのではないだろうか。やけにじっくり構えていると考えるのは私だけだろうか?米国は太平洋戦争を参考に考えると必ず相手をとことん追い込んで相手に先に手を出させるのが常套手段である。だが、最近の米国はいや、トランプはか、突然手を出すようである。問題はその可能性がいかほどなのかと言うことである。

危機は去ったのか?

急な円買い巻き戻しは危機が去ったことを示しているのか?為替は動きが急激で良くないね。ゴールドが滑り気味なのも同じ理由なのか?だが、ゴールドは円ほど動きは大きくはない。ゴールドにはまだ買いを入れているものがいるような気がしてくる。GW前にバタついてきたもんだね。

オオカミで良かった?

本日は何も起こらなくて良かったと言うべきだろうか?しかし、米国と北朝鮮の挑発合戦は子供の喧嘩のようで見るに堪えない。中途半端な火遊びで全焼の目に合わないようにしてほしいものである。ゴールドは何もないと踏んだのか静かに地盤沈下し始めた。だが、元々上がって来たとは言え、所詮ボックスの範疇の動き。下げても知れているかもしれない。

勤続30年・・・

私事ではあるが、今月勤続30年目を迎えることになった。私が就職したのは国鉄が分割民営化した時であり、昭和の最後の年。もう30年が経つ。空前のバブルを経て、バブル崩壊も垣間見ることになった。失われた20年はまっこと長かった。同期入社の仲間は半分以上がいなくなった。勤続30年の人など滅多にいないのが現在の社会。良い世の中とは到底言えぬ。今の社会で幸せに人生を送るのは極めて困難となった。人の世は実に難しいものだな。

先週の金価格

4月   London   NY(COMEX)
17日          1284.00
18日  1278.95   1289.20
19日  1279.05   1280.30
20日  1282.10   1281.70
21日  1281.85   1283.90

*ヨコヨコの動きが続きましたね。睨み合いが続いていると言うことでしょうか。金ETFは変化なしで非常に不気味感があります。事が起こるのを待っているかのようです。

*金ETF残高1186.61トン(4/23現在)exchange-traded gold securities

次は仏大統領選だが・・・

日本は北朝鮮に振り回される中で仏大統領選を迎える。世界が分裂色を強めていくのかどうかがはっきりとする。英国のEU離脱に続きフランスまでがEU離脱色を強めるとなるとほぼEU崩壊である。フランスも難しい国の一つである。若者の4人に1人は職がないと言うのは社会構造的に問題があることを示す。大きな変革が必要だし、そういった意見が強くなるのも当然ではある。そう言った背景を考えれば驚くべき投票結果が出る可能性は高いと言える。来週も荒れ要因は続く・・・。

見方分かれる分岐点

当サイトでは今後のゴールドの動きに見方が分かれる。目先強気派、弱気派、私はしばらくヨコヨコ派なんだが、強弱入り混じる。正直、GW前に荒れるのは好まないという前提もあるが、材料に対してのゴールド自身の動きの鈍さがある。有事の発生はないものとみなしているが、起こった場合はこの限りではない。GWはのんびり行きたいと言うのが本音なのである。

慣れてきたかな

巷のニュースにも免疫が出来てきてしまったかな?いろんな事件が起こっているのだが、間延びしていることもあって何とも思わなくなってきた。相場にもそういうところがあるのだろうか?動き方がやや曖昧な気がする。それだけに判断が難しくなっている。ひょっとしたらそれこそがフェイクかもしれないが、トレーダーにとっては難しい相場である。最も待つだけの人には関係はないが・・・。