先週の金価格

4月   London   NY(COMEX)
16日  1349.35   1345.50
17日  1342.10   1347.20
18日  1351.45   1349.20
19日  1348.60   1345.30
20日  1336.75   1335.20

*行くかとも思いましたが、やっぱりボックスからは抜け出せませんでした。かなり岩盤は堅いようです。金ETFに動きなし。静かなゴールデンウィークになるのかな?

*金ETF残高1167.84トン(4/22現在)exchange-traded gold securities
スポンサーサイト

ボックスが続く

退屈な状態が長く続きます。上に行くかと思われたゴールドですが、依然決まった範囲を上下している。GW前後は日本が動けないこともあり仕掛けがある場合もありますが今年はどうでしょう?そろそろ兆候ぐらい出てくる頃ですね。

商品価格は思惑が強すぎる

原油価格は80~100ドルが好ましいとするサウジ。トランプは原油価格の上昇は容認できないと言う。そこに市場原理なるものは存在しない。いつからそういう世界になったのか?為替も似たようなものだが、人の欲には際限がない。どのあたりで折り合いをつけるのかね。トランプに折り合いは似つかわしくないが・・・。

原油の適正価格は

知らないうちに原油はするすると上がってきている。シェールガスに潰されたと思っていたが、息を吹き返しつつあるようだ。どうやら原油価格を上げたいと思っている奴は思っていたより多いようだ。だが、実際の適正価格はいかほどだろうか?個人的には現状レベルはいっぱいいっぱいと考えるがどうだろうか?80~100ドルレベルではいろんな面で問題が出てくる。サウジはこの水準まで上げたいようだが・・・。

近づく景気後退?

モルガン・スタンレーが相場のうたげは「終わりに近い」と言い始めているらしい。珍しいね。私はもう一伸びさせてからだと思っていたが、サマーラリーでもう一儲けするつもりはないのかな。個人的には景気後退が鮮明になってくるのは今年後半だと思っていた。この時期にこういう記事が出てくるとは思ったより早い。

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-04-17/P7C7A46TTDS801

円高にならずに収まっているが

一時は急激な円高になるのかと思ったが、なんとか踏みとどまり107円台で推移している円。読みずらいですね。止まってくれる方が国的にはありがたいと思いますが、もっと米国の都合で動くかと思っていた。私はドルは長期的に下向きと思っているが、円はよく持ちこたえた。誰かの都合が止めたのか。通貨全体の迷いはゴールドに現れる。多くの人の都合は一つにはまとまらない。ババを引く者は必ず出てくるのが習わしである。ゴールドには世界の迷いが現れる。

デフレで助かっている面はあるが・・・

マックの値下げは個人的にはうれしい。朝、急いでいる時にちょっと寄る。安上がりで済むのはうれしい。デフレは悪いことばかりではない。所得が増えない中で生活が楽になる効果がある。経済学的にマイナスなのは分かるが、生活が楽になって何が悪いと思う。確かにその分売り上げは減り、実入りも減る。当然利益額も減っていく。確かにマイナスだわな。このシステムなんとかならんのかな。

先週の金価格

4月   London   NY(COMEX)
9日   1331.95   1335.70
10日   1338.95   1339.10
11日   1350.75   1352.80
12日   1341.35   1334.30
13日   1343.70   1345.40

*上がろうとしているように見えますが、抑え込む力もちゃんと働いてますね。もう少し一進一退が続くと見ています。金ETFは5.90トンの増加とやや堅調な動き。

*金ETF残高1167.84トン(4/15現在)exchange-traded gold securities

仮想通貨は生き返るか?

仮想通貨は生き返ることが出来るだろうか?底打ちの気配との意見も飛び交う。人は動いているものに飛びつく習性がある。このタイミングで誘導されると大きく動く可能性は捨てきれない。株はまだ抜けきっていないし、ゴールドもレンジにある。相場の大きさからいったら仮想通貨は動かしやすい。仕掛ければ容易に動かせる。ゴールドが来る前にやってくるかな?

狭いレンジ

20180413.gif

今年に入ってからのレンジは相当に狭い。この範囲で転ばされているわけだが、遊ばれてんじゃないかとさえ思える。ただ、力は上に向いていると思っているので解放されるのが待ち遠しいですね。