FC2ブログ

今度はゲーム?

またまた中国当局の規制か?今度はゲームをアヘンだと言い始めた。テンセントは再び下落している。日本のゲーム株も煽りを受けているが、ちょっとやり過ぎだ。まさかゲームをするなとでも言うのか?確かに私もゲームやってて何になるの?とは思うが、適度にやる分には否定はしない。しかし、今回の中国当局の言ってることが口先介入であるのならテンセントはかなり割安になっていることになる。勇気が必要だが、つぶれる会社ではないことを考えると買いではある。
スポンサーサイト



いつまでもインフレは一時的とは言ってられない

インフレは一時的とはよく聞くが、そろそろ一時的とは言えなくなる時がやってくる。不思議なのは金利が下がっていること。金余りでこわごわ買っている株だけじゃ物足りないので国債も買っているのか?それが市場を歪めていると思っているのだが。要するに長期金利がおかしい理論だ。

先週の金価格

7月   London   NY(COMEX)
26日  1800.20   1797.50
27日  1800.35   1798.70
28日  1796.60   1807.50
29日  1829.30   1827.90
30日  1825.75   1813.80

*上がりかけたが、週末に失速した。強くないという印象を与えたか?金ETFは4.29トン増と復調の兆し。

*金ETF残高1108.24トン(08/01現在)exchange-traded gold securities

忍び寄るデジタル人民元

中国政府のアリババやテンセントに対する独占禁止措置の裏にはデジタル人民元の普及の為にという大命題がある。今後、決済にはデジタル人民元が組み込まれることになっていくのか?だが、各社とも決済システムは異なる。すべてを押しのけてデジタル人民元するというのは究極の独占である。本来、独占禁止の対象者は中国共産党である。

意外と面白いオリンピック

賛否両論あったが、いざ始まってみると面白いオリンピック。ソフトボールは良かったね。卓球も予想以上に良かった。特にミックスダブルス。男子サッカーに夢中になるのは何年ぶりのことか。やっぱりスポーツファンにはたまらん要素はあるわな。野球が意外と地味。楽しめるのは良いんだけど、東京は悲惨な状態。

ゴールドに動きが

状況的には横ばいかと思っていたが、ゴールドが動いている。まあ、本来インフレ懸念と言えば一番に買われるべきだが、株に行ったり、国債に行ったり、ビットコインに行ったり、いろんな意味で分散化している。ストレートにゴールドに来なくなっている。そうした中で動いているというのは何らかの変化が起こったかもしれない。もっとも少なくとも1900ドルは越えていかないとイマイチだなで終わってしまうが。

どうしても株に目が行くが

どうしても株に目が行くが、金利も下がり目で国債も買われる。どうにも金余りで両方買われる。個別に劇下がりもあったコモディティは回復基調で鉱山会社の決算も好調そのもの。そんな中で中国当局の規制問題は劇薬だった。市場の目は中国系の株に行っている。中国系の株とは言え買えるものが減るとバランスが崩れる。何かが大きく動くかもね。

習近平の政策はどういう結末を迎えるのか?

中国当局の締め付けによる影響はどこまで広がるのか?民間教育産業に対する締め付けは衝撃的だった。これは一つの産業を破壊した。ハイテクセクターに対する締め付けはデジタル人民元に関わる。つまり邪魔になるものを排除して取り込みたいと言うもの。コモディティに対するものは価格決定権に関するものでこれは中国一国では決まらない。やがて破られるだろう。問題は中国の一方的な政策によって中国リスクがより鮮明になってきたことである。今後、米国の中国に対する投資制限がかかる可能性がある。すでに中国株は売られ、人民元は下落している。私にとっても大きな問題である。一つ良いことはよりいっそう中国人はゴールドを買うだろうと言うことぐらいか。

中国共産党の脅威

中国共産党は学習塾への規制策を公表した。既存の学習塾は非営利団体。学習塾の株式上場による資金調達を禁じる。こんなのいきなり言われても困る。当然、米国上場の教育関連ADRは暴落をはじめ紙屑化してしまう。さすがに笑えない。これはアリババ集団などの大手IT企業に対する規制に続く第2段か?この規制によってアマゾンとアリババは明暗を分けた。この判断が国の明暗を分ける可能性があることを理解しているのだろうか?

先週の金価格

7月   London   NY(COMEX)
19日  1814.90   1812.60
20日  1823.05   1809.90
21日  1802.15   1803.30
22日  1799.45   1806.90
23日  1799.60   1802.20

*ぎりぎりのところで踏ん張ってる感じ。ゴールドにとっての環境は悪化している。それでも1800ドルを維持しているのは上げていく株価に一抹の不安があるからか?金ETFは0.92トン減と微妙に減っている。小動きと言うところか。相場に迷いがあるか?

*金ETF残高1103.95トン(07/25現在)exchange-traded gold securities