FC2ブログ

すべての相場は米中に依存する

好むと好まざるとにかかわらずすべての相場は米中関係に依存している。この交渉の行方をかたずをのんで見守っている。しかし、この状況は長期化するのは避けられない。この状態が長期に及ぶのは少々難儀である。
スポンサーサイト



先週の金価格

11月   London   NY(COMEX)
11日   1458.70   1455.40
12日   1452.05   1455.70
13日   1462.90   1463.40
14日   1466.65   1471.20
15日   1466.90   1467.90

*レンジを一つ切り下げて落ち着いたと見るべきか?金ETF残高は4.43トン減少しているが、継続的にドカドカと売られなければ問題はないとみる。

*金ETF残高1198.72トン(11/17現在)exchange-traded gold securities

PCの引っ越し

PC不調のため現在PCの引っ越し中です。本日中には完了の予定。本当にめんどくさいね。日頃からバックアップはきちんとやっておくべきだが、なかなかおっくうになるものである。アウトルックとお気に入りの移管は終わったのであとはデータだけです。

逃げながら買う株

株はクリスマスラリーに進むと見ているが、常に逃げる体制を保つ必要がある。しんがりを務めるのはいかなる場合をもっても難しい。イメージはそんなところか。

探りは終わったか?

意外な下げだったが、探りは終わったか?正直、嫌な形の下げである。ボックス継続と考えていたので少々の驚きはあるが、この程度であれば大したことはないと考える。季節は秋から冬へと向かおうとしている。今年は秋の装いが薄く夏からいきなり冬に向かうような異常な季節感があった。世の情勢に似通っていると感じるな。

香港波高し

ゴールドも踏ん張りどころではあるが、意外と心配はしていなかったりする。そんなことより香港である。さすがにやばさが3割増しぐらいか。死亡者は出るわ、バンバン発砲しだすわで危険と言えるレベル。逃げだす人は逃げてるし、どうにもならないんだろうね。

先週の金価格

11月   London   NY(COMEX)
4日   1509.45   1509.60
5日   1488.95   1483.20
6日   1486.05   1490.30
7日   1484.25   1468.40
8日   1464.15   1458.80

*随分とずり下がったものである。これでゴールドは終わったと感じる人も多いかもしれない。最後のバブルはあると考えていたのでこの動きもあり得ないことはないが、相場が反転するほどではないと考えている。金ETFは13.47トンの減少とブレーキがかかる。

*金ETF残高1203.15トン(11/10現在)exchange-traded gold securities

世界の終わり取引崩壊・・・

世界の終わり取引が崩壊。仰々しい見出しだ。ゴールドは大きく売られ、国債も売られた。安定資産と言われるものが軒並みやられている。果たしてこれは現実を反映しているのか?はたまた一端逆に動いて反転するフェイクの動きか?表面的には全く分からない。後日、正否が分かるだろう。

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-11-08/Q0MQZ9DWX2PU01

日替わりで上げ下げ

どうも日替わりで上がったり下がったりしてるか。忙しないね。レンジ内とはいえ下限に差し掛かると心もとない気になる。どうにも株はクリスマスラリーとやらに向かいたがっているのが見え見えになってきている。それを横目にゴールドは下げ渋りながらも戻しきれない。何とももどかしい。見ているとややいらつく展開に疲れてもきた。

行き過ぎた世界

行き過ぎた金融緩和により、フリーマネーは拡大しすぎた。それが世界に止めをさす。そんなことあるだろうか?ありえないとは言い切れない。現実に市場が歪められることは多い。リーマン・ショックは起こったが、止めは刺されてはいない。しかし、今度は・・・。

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-11-06/Q0ITNJT0AFBC01?srnd=cojp-v2