FC2ブログ

明日から師走

明日から師走か。金相場的には今年はよくやったと言える。年初とは全く違うから当然か。しかし、尻すぼみというのは良くない。2000ドルを越えたときの勢いはどこへやら。年末下がるアノマリーと言う人もいるが、はっきりしないのは気持ちが悪い。ドル安なのに金安なのは本当に気持ちが悪い。年明けはこうはならないと思っているが。
スポンサーサイト



先週の金価格

11月   London   NY(COMEX)
23日   1840.20   1837.80
24日   1799.60   1804.60
25日   1810.20   1808.10
26日   1807.40   1814.20
27日   1779.30   1787.70

*1800ドル割っちゃいましたね。機械的な下がり方は気持ち悪いが、これでゴールドは終わったと思う人が出てくるかもしれない。我々にとっては良いことかもしれないが。金ETFは25.39トンの大幅減少と大きく後退。少し売られ過ぎですね。

*金ETF残高1496.73トン(11/29現在)exchange-traded gold securities

自粛の年末

最近、やたらとリフォーム系の電話がよくかかってくる。どうにもコロナ禍にあって大きなお金を使おうという気になれない。丁重にお断りするのだが、やっぱり仕事が入りずらいのだろうと思う。飲食も旅行もブレーキがかかり自粛の年末を迎える。こういう年越しは初めてだが、どうにも良い未来が見えずらい。早く霧が晴れて欲しいものである。

ドル円の100円割れは時間の問題か?

長らくドル円は105円前後で安定していた。個人的には心地の良い感じだった。為替が動かないのは何事においてもやりやすい。私の場合は香港ドルでの投資になるので円高は困る。しかし、最近の動きから近々100円割れがあるのかなと思っていたが、いよいよ声を大にする人が増えてきよった。来年は行ってしまうのかね。

パウエル、イエレンで何が起こる

FRB議長パウエル、財務長官イエレンで何が起こる。かなり大盤振る舞いの量的緩和状態が続くが、後始末を託されているのではないか。やるだけやった後の債務の消滅を。何と言っても天文学的な金額だからね。

ダウ30000ドルの向こう側

この状況下でダウ30000ドルとは驚きを隠せない。あくまでも期待相場であって実態ではない。しかし、今後量的緩和が加速していけばさらに上が見えてくる。モーニングサテライトで堀古さんがナスダックが2倍になると言っていたが、冗談ではなくなるかもしれない。期待が幻想に変わることはあるが、地獄の前に天国が来る可能性はある。ゴールドは現在売られているが、これは一時的に過ぎず上昇はいずれ加速していくと見る。来年は両方とも加速度を増すんじゃなかろうか。

株高、債券売り、金売り相場

今年は株高、金高で来ていたのに知らないうちに株高、債券売り、金売り相場になっている。転換のポイントが分かりずらい。ワクチンの影響もあったが、思ったより調整が続く。年末を迎えて下げ基調が出てきてしまったのは残念だが、やがて落ち着くと見る。だが、思ったよりも押しているのは確か。

忘年会なき年末

1月も後半に入っていよいよ師走が近づく。今年は大手企業の多くは忘新年会を行わないと言う。そんな年末は今まで経験がない。飲食店にとっても初めてだろう。世の中をお金が巡ることによって景気が動く、その一部が動かないことにより何かが変わる。その影響は来年に残る。来年は良い年を願いたいのだが・・・。

先週の金価格

11月   London   NY(COMEX)
16日   1885.60   1888.60
17日   1889.05   1880.00
18日   1876.10   1871.50
19日   1857.35   1866.00
20日   1875.70   1870.40

*凹みかけたけど、なんとか横ばいで終わった感じ。金ETFは14.15トンの減少と大ブレーキ。頭を押さえられたのは大きいか?妨害の入らないビットコインとは差がついた。

*金ETF残高1522.12トン(11/22現在)exchange-traded gold securities

経済見通しは

2020年の世界的な経済見通しは当然メタメタだが、唯一中国のみがプラス成長で終わる見通しである。初期のロックダウンが強烈な感じがしたが、国家的な強硬政策は功を奏して立ち直りが早かった。日本はロックダウンしないにもかかわらず危機を乗り越えて現在に至る。第3波に苦しんでいるのは気のゆるみからか。米国は酷い状況だが日本よりも落ち込みは少ない。切り捨てるものは切り捨てる見切りの速さと回復力の強さには驚く。ユーロ圏も酷い。本当に来年はプラスになるのか疑わしくなってくる。こうして見ると中国の強さが際立つ。これが来年どのように影響するのか良きも悪きも問題である。