FC2ブログ

ウイルスパニックはチャンスかも

マスクをする人が増えた。インフルエンザよりも新型コロナウイルスが怖いようだ。昨日は京都に行っていたが、どうにも中国人が気になってしょうがない。株価もさえない動きだが、感染症はやがて収まる。必要以上に下げた銘柄は買いだろう。ゴールドは堅調ですね。ここで1600ドルを超えるかというところだが、やや重さを感じるのは残念。
スポンサーサイト



先週の金価格

1月   London   NY(COMEX)
20日  1560.15   
21日  1551.30   1557.80
22日  1556.90   1558.50
23日  1562.90   1562.40
24日  1564.30   1571.60

*回復してきましたね。急騰じゃないのが良い。金ETFは1.77トン増とややおとなしめ。様子見しながらじり高が理想。

*金ETF残高1202.53トン(01/26現在)exchange-traded gold securities

広がりが早いウイルス感染

新型ウイルスの感染が中国全土に広がった。思ったより早かったな。隠していたのが裏目に出た。本来、WHOは緊急事態宣言を行うべきだったが、要らぬ中国への配慮で遅れた。これがまた裏目に出るか?じっとしてればそのうち収まるのだが、春節はやっかいだ。事前に国外脱出した人の中に感染者がどれだけいたか?対応の遅れは世界にも影響する。

鳴りを潜めたイラン

右を見ても左を見ても新型ウイルスの話題で持ちきりだ。すっかりイラン問題は鳴りを潜めている。どうやら触れられたくない人が多いようだ。今年は案外二転三転する世の中になるやもしれぬ。しかし、しかしである。日本はオリンピックなんだが、大丈夫なのかなと思えてくる。

春節は波乱を呼ぶか

今年も春節がやってきた。新型ウイルスと共に。さて、拡大を食い止められるかだが、日本にも大量に中国人観光客がやってくる。感染拡大にならなければよいが、少々恐ろしい。少なからずやってくると思った方が良さそうだ。人混みには紛れ込まない注意が必要かもね。

新型ウイルスの恐怖

中国の武漢で流行っている新型ウイルス気になるね。中国でよく出てくるけど流行りやすい事情でもあるのかな。SARSの時もそうだったが、情報不足でいかんな。冬場は行っちゃいけないとこのようですね。

不幸を待つのは・・・

ミサイル騒動も収まり株価は堅調ではある。まるで何もなかったかのように。こうなるとしばらく続く。我々としては一騒動起こるまでじっとしていることになる。世の不幸を待つというのは聞こえが悪いが、拡張しすぎた株価時価総額はどこかで縮小するときは来る。だが、トランプとしては総選挙前に暴落されるのは困ると来た。かなり複雑な環境である。そういういきさつで世の中は回っている。

先週の金価格

1月   London   NY(COMEX)
13日  1549.90   1547.40
14日  1545.10   1546.10
15日  1549.00   1556.00
16日  1554.55   1551.90
17日  1557.60   1556.70

*どうやらこの水準が居心地が良いようですね。収まりどころのように見えます。金ETF残高は24.30トンの大幅増加。この行動が正しいのであればしばらくしたら上に向かって動き出すことになるが。

*金ETF残高1200.77トン(01/19現在)exchange-traded gold securities

時価総額1兆ドルの価値

アルファベットの時価総額が1兆ドルを超えたというニュースが駆け巡る。はて?アルファベットのそれだけの価値があるのだろうか?すでに時価総額が1兆ドルを超える企業は存在する。アップル、マイクロソフト、サウジアラムコなどで基本GAFA絡み。サウジアラムコだけが資源株だ。最近の時価総額基準はどうなっているのか?計算してないけど資産価値を超えてるんじゃなかろうか?これもすり散らかしたドルのなせる業か。

落ちないものには落ちないなりの理由がある

ゴールドも落ち着き始めたか。これ以上落ちないのは重要だが、落ちないなりの理由はもっと大事だ。ダウが最高値更新レベルだから尚更だが、本来なら落ちて行ってもおかしくはない。個人的にはこの展開悪くないと思っている。